静岡県浜松市,湖西市,磐田市,森町,袋井市,掛川市の工務店様へご提案

一戸建て住宅、家

トレンドの渦中にある高気密高断熱住宅

誰もが夏は涼しく、冬は暖かい家に憧れます。

高気密高断熱住宅が増加し、快適な室内空間は健康的な生活と節電効果をもたらします。

時代と共に家の断熱性能が求められ、家の「窓」も進化してきました。

アルミ複合樹脂サッシや樹脂サッシ、そして、ペアガラスやトリプルガラス、Low-Eガラスなどの高性能な「窓」が家の性能を支えてきました。

しかし、「窓」まわりの悩みを抱えている方は少なくありません。

室内空間の悩みは様々

リビングルームの窓にガラスフィルム施工

お施主様が完成した家で新生活がスタートし、住空間の中で様々な悩みに直面することがあります。

・窓からの日差しや西日が眩しい。

・夏、窓からの日射熱で暑い。

・外から室内が丸見え。プライバシーを確保したい。

・冷暖房費を削減したい。

・紫外線による肌の日焼け対策をしたい。

・紫外線による肌のシミやシワ、たるみが怖い。

・リビングのお気に入りの家具を紫外線から守りたい。

・レースカーテンやロールカーテン、ブラインドでは眺望が悪化してしまう。

・台風や地震で窓ガラスが割れて飛散したら怖い、危険。

・空き巣のガラス破りに対する防犯対策を強化したい。

建築窓ガラス用フィルムで解決

窓ガラスフィルムの種類

窓ガラスの内側にガラスフィルムを施工することで、室内空間の様々な悩みを解決できます。

窓ガラスにガラスフィルムを施工

建築窓ガラス用ガラスフィルムは目的に応じて様々な種類があります。

紫外線/UVカット・ガラスフィルム

紫外線/UVカット・ガラスフィルムは窓から室内に流入する紫外線(紫外線A波、紫外線B波)を99%以上カットします。

窓ガラスの内側に紫外線/UVカット・ガラスフィルムを施工することで、肌の日焼けやシミ、シワ、たるみ対策に。同時に室内の大切な家具などの色あせや劣化を抑制できます。

遮熱フィルム

夏季、暑い外気熱が室内に流入

夏の暑さの約70%は「窓」が原因

窓ガラスから室内に流入する日射熱が室温を上昇させます。

一般的に、窓にレースカーテンやブラインドを設置することが多いものの、カーテンやブラインド本体が熱を帯びて窓際で放熱します。これが原因でカーテンやブラインドの遮熱にはおのずと限界があります。

また、これらで眺望が悪化するのも無視できない要因ではないでしょうか。

そこで、窓ガラスに「遮熱フィルム」を施工する方法があります。

遮熱フィルムのメカニズム

遮熱フィルムのメカニズム

窓ガラスの内側に「遮熱フィルム」を施工することで、

・室内に日射調整した可視光線を入れて採光を確保。

・日射熱(赤外線)を30~70%カットして暑さを和らげる。

・紫外線/UVを99%以上カット。

遮熱フィルムはマンション、ショールーム、サンルーム、ガーデンルームなどの夏の日射熱で暑くなりやすい空間で効果を発揮します。また、朝日や西日が眩しい空間にもマッチします。

遮熱フィルムで窓の遮蔽係数(SC値)が下がる

一例として、遮蔽係数「0.91」のLIXIL/リクシル複層ガラス、エルスターSに遮蔽係数が「0.29」と「0.66」の遮熱フィルムを施工するとします。

・遮蔽係数「0.29」の遮熱フィルムを施工すると、0.91×0.29≒0.26

・遮蔽係数「0.66」の遮熱フィルムを施工すると、0.91×0.66≒0.6

以上の計算から、遮熱フィルムで確実に窓ガラスの遮蔽係数を下げることができ、日射熱を低減できます

遮熱断熱フィルム

冬季、暖かい室内の熱が窓ガラスを通して室外へ流出

冬の寒さの約60%は「窓」が原因

エアコン暖房などで暖められた室内の熱は、主に窓ガラスから室外へ流出しています。

一般的に、窓に厚手のカーテンを設置することが多いものの、カーテンは繊維であり、カーテンと窓枠の間に隙間があるため、カーテンの断熱効果には限界があります。また、冬季の日中、人がいる部屋で厚手のカーテンを閉めることはできません。

そこで、窓ガラスに「遮熱断熱フィルム」を施工する方法があります。

遮熱断熱フィルムのメカニズム

遮熱断熱フィルムのメカニズム

窓ガラスの内側に「遮熱断熱フィルム」を施工することで、

・室内に日射調整した可視光線を入れて採光を確保。

・日射熱(赤外線)を40~60%カット。

・遮熱断熱フィルムが室内の熱(赤外線)を反射して断熱効果。

・紫外線/UVを99%以上カット。

遮熱断熱フィルムは主に一戸建て住宅の南と北側の窓にマッチします。条件によっては、東と西側の窓にも施工します。

遮熱断熱フィルムで窓の熱貫流率(U値)が下がる

一例として、熱貫流率「1.31」のYKK APのAPW330(ペアガラス)に熱貫流率(U値、単位はW/m2・K)が「4.3」と「4.6」の遮熱断熱フィルムを施工するとします。

・熱貫流率「4.3」の遮熱断熱フィルムを施工すると、1.31×4.3×1/6≒0.93W/m2・K。

・熱貫流率「4.6」の遮熱断熱フィルムを施工すると、1.31×4.6×1/6≒1.00W/m2・K。

以上の計算から、家のUA値を下げる設計に貢献でき、遮熱断熱フィルムで明らかに窓の熱貫流率を下げることができ、断熱性能を上げることができます

目隠しプライバシー保護フィルム

プライバシーコントロールフィルム

気になる視線だけをカット(プライバシーコントロールフィルム)

視線の角度によって、プライバシー保護性能を発揮するプライバシーコントロールフィルムは従来のタイプとは一線を画すフィルムです。

シルバー遮熱フィルム、シルバー遮熱断熱フィルム

シルバー遮熱フィルムは遮熱効果のみならず、目隠し効果も併せ持ちます。そして、シルバー遮熱断熱フィルムは遮熱断熱効果のみならず、同様に目隠し効果も併せ持ちます。

外から室内が見えにくい、あるいは、ほとんど見えなくなり、プライバシー保護に役立ちます。

その他

その他、抗ウイルス・抗菌フィルム(ウイルスの99%を非活性化するSIAAマーク付きフィルム)、防虫忌避対策フィルム、防犯対策フィルム、デザインガラスフィルムなどで、お客様のお悩み応じたソリューションをご提案できます。

工務店様、設計事務所様の業務に「フィルム施工」をプラスしませんか?

静岡県の次のエリアの工務店様、設計事務所様にご提案です。

・浜松市

・湖西市

・磐田市

・周智郡森町

・袋井市

・掛川市

貴社の業務に「ガラスフィルム施工」をプラスしませんか?

貴社の業務に「ガラスフィルム施工」をプラスしていただければ、貴社の作品である「家」の窓に更なる機能性をプラスできます。

工務店様、設計事務所様のメリット

・商品仕入れは一切無し。在庫不要。

・弊社が直接、お客様にヒアリング。ガラスフィルムのご説明と現地調査。

・遮熱フィルムで窓ガラスの遮蔽係数(SC値)を下げることができる。

・遮熱断熱フィルムで窓ガラスの熱貫流率(U値)を下げることができる。

・抗ウイルス・抗菌フィルムでウイルスの99%を不活性化。

・窓ガラスにUVカット、天災時のガラス飛散防止、プライバシー保護などの機能性を加えることができる。

・工務店様、設計事務所様の作品である「建築物」の冷暖房費削減。

運営者情報

会社名High Grove, Inc.(日本語表記:ハイグローヴ・インク)
The Window Film Division(窓ガラスフィルム事業部)
(ECOP施工販売店)
設 立2003年2月18日
代表取締役高林秀亘
登記本社2222 Kalakaua Avenue, Suite 605 Honolulu, Hawaii 96815 USA
日本支社〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台3-10-2
Map
資本金20,000 U.S. Dollars(20,000 U.S.ドル)
発行済株式数20,000株
Tel053-545-3920
Fax053-545-3921

建築窓ガラス用ガラスフィルムの施工を手がける「ハイグローヴ」は、静岡県浜松市を拠点に中部地方のガラスフィルム施工業者です。

フィルム施工までの流れ

ガラスフィルム施工の業務の流れは次のとおりです。

【Step1】お問い合わせから現地調査までの流れ

工務店様、お客様、弊社間の仕事の流れ

【1】工務店様、設計事務所様がお客様にフィルムをご紹介。

【2】お客様が貴社にお問い合わせ。

【3】貴社が弊社にお問い合わせ。

【4】弊社がお客様に直接、フィルムのご説明と現地調査(窓サイズ採寸、窓の種類、設置環境等)。

弊社が貴社に御見積書をご送信。

【Step2】ご注文からガラスフィルム施工までの流れ

工務店様、お客様、弊社間の仕事の流れ

【5】お客様が貴社にフィルム施工のご注文。

【6】貴社が弊社にフィルム施工のご用命。

【7】弊社がお客様宅にてフィルム施工。

後日、弊社が貴社に請求書をご送付。

貴社のお客様に「ガラスフィルム施工」をご提案することで、お客様の悩みが解決でき、貴社にもメリットがございます。

フィルム施工価格

ガラスフィルムの施工価格はフィルムの種類によって様々ながら、最多価格帯は10,000~20,000円/m2。特殊フィルムが20,000~30,000円/m2です。

Contact us

まずは、お気軽にお問い合わせください。

今すぐ、こちらから。

工務店様の業務にガラスフィルム施工をプラス/お問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました