窓ガラスのLow-Eガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

Low-Eガラス(遮熱タイプ、断熱タイプ) 窓ガラスの種類

ハウスメーカーや全国の工務店、建築士、サッシ、ガラス業界にとって、「Low-Eガラス」の存在は当たり前のように知られています。

他方、世間一般的には「Low-Eガラス」という言葉はあまり知られていないのではないでしょうか。

このLow-Eガラスを分かりやすく表現するならば、「機能性を持つ高性能な複層ガラス」となります。

Low-Eガラスとは?

Low-Eとは、Low Emissivity(ローエミッシビティ)の略語。直訳すると、低い放射率。

Low-Eガラスとは、複層ガラス(2枚以上のガラス)第2面、または第3面に銀や酸化亜鉛などの金属膜を薄くコーティングしたガラス。

要は、Low-Eガラスは鏡のような窓ガラス。

Low-Eガラスは遮熱タイプと断熱タイプがあります。

Low-Eガラス(遮熱タイプ)

Low-Eガラス(遮熱タイプ)

遮熱タイプのLow-Eガラスは窓ガラスの第2面に金属膜がコーティングされています。遮熱タイプの仕組みは鏡をイメージすると分かりやすいです。

遮熱タイプ、Low-Eガラスのメリット

Low-E膜が太陽光の日射熱を反射します。これにより、室温上昇を抑制できます。

Low-Eガラス(断熱タイプ)

Low-Eガラス(断熱タイプ)

断熱タイプのLow-Eガラスは窓ガラスの第3面に金属膜がコーティングされています。断熱タイプの仕組みも鏡をイメージすると分かりやすいです。

断熱タイプ、Low-Eガラスのメリット

Low-E膜が室内の赤外線を反射します。これにより、室内の保温性を高めることができます。

遮熱タイプと断熱タイプ共通のメリット

・断熱性能が高い

・遮音性が高い

・結露しにくい

Low-Eガラスの用途

Low-Eガラスは一戸建て住宅からマンション、商業ビルまで幅広い建築物に設置できます。

一戸建て住宅の東西南北、全てに窓ガラスを設置する場合、遮熱タイプと断熱タイプのどちらを設置した方がいいのかはケースバイケースとなります。

南側の窓ガラス

夏季、建物の南側の窓ガラスから強い日射熱が室内に流入し、室温を上昇させるのであれば、遮熱タイプのLow-Eガラスを設置する方法があります。しかし、冬季は日射熱が室内に流入しにくくなるというデメリットがあります。

これは、設計士との綿密な打ち合わせが大切になります。

北側の窓ガラス

建物の北側の窓ガラスから日射熱が室内に流入するケースは考えにくいもの。そこで、基本的に建物の北側には、断熱タイプのLow-Eガラスを設置します。

東側と西側の窓ガラス

一戸建て住宅の東側から眩しい朝日が室内に流入する場合、東側に遮熱タイプのLow-Eガラスを設置する方法があります。

そして、西側から眩しく暑い西日が室内に流入する場合、西側に遮熱タイプのLow-Eガラスを設置する方法があります。

なお、建物の立地条件から、東側と西側から朝日と西日が室内に流入しないのであれば、断熱タイプのLow-Eガラスを設置する方法もあります。

Low-Eガラスの選択は難しい

YouTubeで検索すると、建築士によってLow-Eガラスの選択(遮熱 or 断熱タイプ)について見解が分かれています。

高気密高断熱住宅がデフォルト化している背景から、窓ガラス選定の難易度が増していると言えます。窓ガラスの選定次第で、建物の断熱性能が大きく変わってきます。

日本の場合、北は北海道から南は九州、沖縄まで気候が大きく異なります。また、建物の立地条件によって日当たり具合が異なります。一戸建て住宅、マンション、商業ビルの違いによって当然、日当たり具合が異なります。

建築物は1棟1棟、立地条件と周囲の環境が異なるため、Low-Eガラスを設置する場合、窓ガラスに関して見識の高い設計士との打ち合わせが大切です。

Low-Eガラスの厚み

Low-Eガラスの厚みは、ガラスの厚みと中間層によって異なります。

(一例)

3mmガラス+中間層(6mm or 12mm)+3mmガラス

3mmガラス+中間層(6mm or 12mm)+4mmガラス

3mmガラス+中間層(6mm or 12mm)+5mmガラス

Low-Eガラスにガラスフィルムの施工は可能?

Low-Eガラスのタイプと設置環境、そしてガラスフィルムの種類によっては、ガラスフィルムの施工ができます。

一例として、紫外線/UVを99%以上カットしガラス飛散防止効果のあるガラスフィルムの施工です。

2000年前後から窓シャッター(雨戸)が未設置の一戸建て住宅が増加し、窓ガラスにガラスフィルムを施工することで、台風の飛来物によるガラス飛散を予防できます。

なお、Low-Eガラスと相性が良くないガラスフィルムもあり、そのようなガラスフィルムの施工はガラスの熱割れリスクが高まります。

一般の方が断熱シートやガラスフィルムなどを入手し、Low-Eガラスに貼り付けるとガラスが熱割れすることがあります。

Low-Eガラスにガラスフィルムを施工する場合、専門知識と現地調査による判定が必要です。

自宅の窓ガラスがLow-Eガラスや複層ガラスの場合、プロのフィルム業者へのご相談をおすすめします。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました