窓にガラスフィルム施工後の養生期間とメンテナンス方法、注意点

複層ガラス、ペアガラス、Low-Eガラスにガラスフィルムの施工

ガラスフィルムを施工後の養生期間

窓ガラスにガラスフィルムを施工後、フィルムがガラス面に強固に接着するまで日数が必要となります。

職人がフィルム施工時、ガラス面に施工液を噴霧するため、ガラスとガラスフィルムの間に施工液が残る部分があります。フィルムの一部に水泡が残ったり、フィルム面が曇って見えることがあります。

これは、水残り現象と呼ばれるもので、液体は時間をかけて徐々に蒸発して消えていきます。この養生期間中、水泡を触らないでください。

水泡が蒸発していく期間の目安は次のとおりです。

養生期間の目安

ガラスフィルムの種類夏季春、秋冬季
透明UVカットフィルム約1~2週間約2~3週間約1ヶ月
遮熱、遮熱断熱フィルム約1~2週間約1ヶ月約2ヶ月
防犯フィルム1ヶ月以上約2ヶ月3ヶ月以上

冬季、結露しやすい窓ガラスや北側の窓ガラス、そして、梅雨の時期は上記期間より養生期間が伸びる場合があります。

ガラスフィルムのメンテナンス

タオルでガラスフィルムのメンテナンス

ガラスフィルムに汚れが付着した状態のまま放置すると、フィルムの劣化が進行することがあります。また、付着した汚れにより、フィルム本来の性能が発揮できなくなることがあります。

ガラスフィルムの性能を維持するために、簡単なメンテナンスをお勧めします。

ガラスフィルム掃除の際の注意点

・フィルム面の掃除は、上記の養生期間が過ぎてから行ってください。

・柔らかいタオルに水を含ませて固く絞り、軽く一定方向に拭きあげてください。

・フィルム面の汚れが取れにくい場合、柔らかいタオルに十分な水を含ませて汚れを浮かせます。その後、タオルを固く絞って、軽く一定方向に拭きあげてください。

・フィルム面の汚れが頑固な場合、中性洗剤を薄めて使用してください。

・ブラシ類、クレンザーなどの研磨剤入り洗剤、硬いスポンジなどを使用するとフィルムに傷が付きます。

注意点

・ガラスフィルム面にセロテープやビニールテープ、シールなどを貼り付けないでください。

・ガラスフィルム面をボールペンやハサミなどの硬い物でこすらないでください。

・施工後のガラスフィルムを剥がさないでください。フィルムの粘着力が低下し、再接着しなくなります。

虹彩現象

ガラスフィルムは基材、接着剤、ハードコート層などの複数枚の膜を積層して製造されています。これが理由で、光の干渉が発生することがあります。これは、虹彩現象(こうさいげんしょう)と呼ばれます。

太陽光や室内照明の光の反射具合によって、ガラスフィルム表面に虹のような模様が見える場合があります。これは、フィルムそのもの仕様でして、不具合ではありません。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り
タイトルとURLをコピーしました