冬の窓際の冷気、寒さ対策は窓ガラス断熱対策フィルムがおすすめ

窓ガラスフィルムで冬の断熱対策-暖房効率UP

冬、部屋の熱が窓ガラスから逃げてしまう

窓ガラス
冬、部屋の熱の約60%は窓から屋外へ流出。

冬、部屋の熱が窓ガラスを通して屋外へ流出することで室内温度を低下させます。 冬、室内の熱が窓ガラスを通して屋外へ流出する割合は全体の「約60%」に達します。

冬、窓際付近で冷気を感じ、暖房器具の暖房効率を低下させてしまう大きな原因は窓ガラスなのです。

窓ガラスの遮熱、断熱対策フィルムで寒さ対策

冬の寒さ対策として、窓ガラスに遮熱、断熱フィルムの施工により、室内熱の屋外への流出を抑制できます。これにより、室内が暖かく暖房効率が向上し、節電や燃料費の削減に繋がります。

【リフレシャイン 製品紹介】

リフレシャインは透明性を確保しながら遮熱、断熱性能を高めた高機能フィルム。

冬は【断熱】

フィルムが部屋の熱(遠赤外線)を反射することで、外への熱流失を抑えます。

夏は【遮熱】

フィルムが日射熱を反射することで、外から室内への熱流入を抑えます。

窓ガラスにリフレシャインフィルムを施工することで、冬は部屋が暖かく、夏は部屋の暑さを低減させる効果があります。

リフレシャインフィルムの機能

【1】遮熱、断熱効果

リフレシャインの効果で冬の室内は暖かく、夏の室内は涼しい空間へ。

【2】高い透明性

高い可視光線透過。

【3】節電効果

冬の暖房費を約30%カット。夏の冷房費を約20%カット。

※リフレシャインの自社実験結果。

【4】ガラス飛散防止

台風や地震、飛来物による窓ガラスの飛散防止。

【5】UVカット

太陽光の紫外線を99%以上カット。室内のカーテンやフローリング、畳、壁紙、調度品の色褪せや劣化の軽減。肌トラブルを予防します。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り
タイトルとURLをコピーしました