窓ガラスの熱線吸収板ガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

熱線吸収板ガラスにガラスフィルムを施工 窓ガラスの種類

熱線吸収板ガラスは、どちらかと言えば昔の時代に使用されていたガラスです。

熱線吸収板ガラスとは?

熱線吸収板ガラスは原料に日射の吸収特性に優れたコバルトやニッケルなどの金属を加え、着色したガラス。

熱線吸収板ガラスの色はブラック、グレー、ブロンズ、グリーンなどがあります。

熱線吸収板ガラスは太陽光の日射を30~40%ほど吸収するため、夏季の室温上昇を抑えて省エネ効果があり、冷房と暖房効率が向上します。

熱線吸収板ガラスは過去に使われていたガラスということもあり、今となっては市場では少数派のガラスと言えます。

熱線吸収板ガラスの用途

太陽光が流入してくる建物の南側などに熱線吸収板ガラスが設置されています。

熱線吸収板ガラスの厚さ

熱線吸収板ガラスの厚みは、5mm, 6mm, 8mm, 12mm。

熱線吸収板ガラスにガラスフィルムの施工は可能?

市場で熱線吸収板ガラスは少ないものの、ガラスフィルムの種類によっては施工ができます。

なお、熱線吸収板ガラスは太陽光の日射熱を吸収する機能があるため、ガラスフィルムを施工する前にガラスの設置環境を調査し、ガラスフィルムとの相性などを総合的に判断する必要があります。

一般の方がホームセンターなどで安価なシートやガラスフィルムを購入して熱線吸収板ガラスに貼り付けると、熱割れする可能性があるためご注意ください。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました