窓ガラスの熱線吸収板ガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

熱線吸収板ガラスにガラスフィルムを施工 窓ガラスの種類
この記事は約2分で読めます。

熱線吸収板ガラスは、ずいぶん昔の建築物に設置されたガラスです。

今の建築物で熱線吸収板ガラスを見かけることは、ほとんどありません。

では、熱線吸収板ガラスについて解説します。

プロ業者が施工する、ハイクオリティな窓ガラスフィルムのラインアップ

熱線吸収板ガラスとは?

熱線吸収板ガラスは原料に日射の吸収特性に優れたコバルトやニッケルなどの金属を加え、着色したガラス。

熱線吸収板ガラスの色はブラック、グレー、ブロンズ、グリーンなどがあります。

熱線吸収板ガラスは太陽光の日射を30~40%ほど吸収するため、夏季の室温上昇を抑えて省エネ効果があり、冷房と暖房効率が向上します。

熱線吸収板ガラスは過去に使われていたガラスということもあり、今や市場では少数派のガラスと言えます。

熱線吸収板ガラスの用途

太陽光が流入してくる建物の南側などに熱線吸収板ガラスが設置されています。

熱線吸収板ガラスの厚さ

熱線吸収板ガラスの厚みは、5mm, 6mm, 8mm, 12mm。

熱線吸収板ガラスにガラスフィルムの施工は可能?

市場で熱線吸収板ガラスは少ないものの、ガラスフィルムの種類によっては施工ができます。

なお、熱線吸収板ガラスは太陽光の日射熱を吸収する機能があるため、ガラスフィルムを施工する前にガラスの設置環境を調査し、ガラスフィルムとの相性などを総合的に判断する必要があります。

一般の方がホームセンターなどで安価なシートやガラスフィルムを購入して熱線吸収板ガラスに貼り付けると、熱割れする可能性があるため注意が必要です。

Contact us

[窓]+窓ガラスフィルムで快適空間。静岡県浜松市の窓ガラスフィルム施工専門店、Film Work/フィルムワーク。プロ業者が目隠しフィルム,UVカットフィルム,遮熱フィルム,遮熱断熱フィルム,防犯フィルム,ガラス飛散防止フィルム,防虫フィルム,抗ウイルス・抗菌フィルム,水垢/ウロコ付着防止フィルム,曇り止めフィルム,デザインフィルムで室内空間のお悩みを解決。

窓ガラスのガラスフィルム施工を手掛けるHigh Groveの「Film Work/フィルムワーク」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県等の建築物にフィルム施工を展開するガラスフィルム施工業者です。

皆様のお悩みを解決できる、プロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました