目隠し効果が高い窓ガラスフィルムの施工でプライバシー保護対策

窓ガラスに目隠し効果フィルムの施工-プライバシー確保

人それぞれが抱えているプライバシー保護、確保問題

ベランダ、バルコニーの窓ガラスにフィルム施工でプライバシーを保護。

あなたは、このような悩みをお持ちではありませんか?

・一戸建て住宅やマンションで生活する以上、プライバシーを確保したい。

・自宅周辺の人通りや交通量が多くなったため、プライバシーを確保したい。

・自宅の正面や隣に一戸建て住宅やマンションが建ち、隣家から部屋の中が丸見えになってしまう。

人それぞれ住環境が異なるため、プライバシー確保の問題も様々です。

日本は人口密度が高い国。

大都市から地方都市にかけて、完全にプライバシーが確保されている一戸建て住宅やマンションは多くはありません。多くの方は、建物の立地条件や窓ガラスの配置、建物と道路との位置関係などの理由でプライバシーの確保が気になります。

特に、女性は男性以上にプライバシーの確保と安全な生活環境を求めます。

プライバシー保護の対策として、レースカーテンやブラインド、目隠しフェンスを設置する方法があります。

レースカーテンの設置

リビングルームにレースのカーテン

プライバシーを確保するために、窓ガラスにプライバシー保護のレースカーテンを設置すると、部屋の中が少々、暗くなってしまう傾向があります。

また、厚手生地のレースカーテンを使用すると、外の様子が見えにくい、あるいは全く見えなくなってしまう欠点があります。よって、眺望が悪化します。

このように、窓に厚手生地のレースカーテンを設置すると、閉塞感が漂う空間になりやすくなります。

かといって、薄手生地のレースカーテンでは、外から部屋の中の様子が見えやすくなる傾向があります。女性でしたら、これは絶対に避けたいのではないでしょうか。

このようにプライバシーの確保は一筋縄ではいかない問題です。

ブラインドの設置

白いブラインド
ブラインド

メリット

・ブラインドのスラット角(羽根の角度)を変えることで、光と外からの視線を自由にコントロールできる。

デメリット

・ブラインドはカーテンに比べて遮熱、断熱性が低い。

・スラットにホコリが溜まりやすい。

ブラインドのスラット角を自由に変えることができ、外からの視線を遮ることはできます。しかし、それと当時に採光が悪化します。

また、ブラインドのスラット角を床に対して水平にしても、等間隔の羽根が眺望を横方向に遮ります。

目隠しフェンスの設置

ウッドフェンス

一戸建て住宅の敷地内に、目隠しフェンスを設置すれば、明らかな目隠し効果があります。目隠しフェンスはプライバシーの保護対策としては効果が高い方法。

しかし、目隠しフェンスはデメリットもあります。

施工費

目隠しフェンスをどの程度の高さと幅で施工するのか、そして、どのような目隠しフェンスを選ぶかのによって施工費は大きく変わってきます。

確実に言えることとして、目隠しフェンスを施工するとなると、5万、10万円の予算では到底足りません。

採光の問題

家の敷地の南側に目隠しフェンスを設置すると、その北側に大きな影ができてしまいます。敷地面積にもよるものの、大きな影が庭を覆ってしまったり、建物に影ができてしまいます。

日当たりの悪化は、住環境の大幅な悪化を招いてしまいます。

通風性の問題

目隠しフェンスを設置すると、通風性が損なわれてしまいます。フェンスの「プライバシー保護性能」と「通風性能」は相反する関係にあります。

低い←【プライバシー保護性能】→高い

良い←【通風性能】→悪い

もし、敷地の四方にプライバシー保護性能と密閉性が高いフェンスを設置すると、通風性能が大幅に悪化します。湿気が敷地内にとどまり、じめじめした住環境と化します。

じめじめした敷地環境では、フェンスや建物の外壁に苔(こけ)やカビが発生しやすくなります。よって、健康被害を受けるリスクが高まります。また同時に、建物への中長期的な悪影響も懸念されます。

日本は概ね、夏は高温多湿。冬でも湿度が60%以上で推移する地域が多々あります。生活環境を整えて健康的な生活を送るためには、湿度対策が大切な意味を持ちます。

諸問題の解決方法

そこで、部屋からの眺望と採光をきちんと確保し、外から室内を見えなくしてプライバシーを確保する方法があります。

それは、窓ガラスに目隠しガラスフィルムを貼り付ける方法です。

目隠しフィルムでプライバシーを保護

気になる視線だけをカット(プライバシーコントロールフィルム)

窓ガラス用の目隠しフィルムのラインアップは幅広く充実しています。

目隠しフィルム(遮熱ミラータイプ)

窓ガラスが外から「鏡」のように見えるタイプがミラータイプの目隠しミラーフィルム。

日中、外から室内がまったく見えません。そして、室内から外がはっきり見えるため、開放感を損なうことはありません。採光もきちんと確保できます。

※夜間、室内照明が点灯すると、室外から室内が見えるようになります。夜間はカーテンやブラインドの使用でプライバシーを保護できます。

目隠しフィルム(遮熱プライバシータイプ)

NV(ナイトヴィジョン)

室内側からの反射を抑え、夜間のガラス越しの景観を美しく保つ遮熱フィルムです。室外側からは、ミラー調の外観によって昼間のプライバシーを確保します。

また、ガラスの飛散を低減する効果や紫外線カット効果を併せ持ちます。

シルバースモーク

室外側からは、ミラー調の濃い色味の外観で、建物に落ち着いた高級感を与える遮熱フィルムです。室内側からは、明るいミラー調の反射により、空間に広がりを感じることができます。

また、ガラス飛散を低減する効果や紫外線カット効果を併せ持ちます。

不透明

フィルムが不透明に近いため、外からの視線を確実にカットできる遮熱フィルムです。また、ガラス飛散を低減する効果や紫外線カット効果を併せ持ちます。

その他、グラデーション、フロスト(すりガラスタイプ)、ファブリック、和紙、エンボス、オプティカル、ラインズ、ストライプタイプ等のフィルムラインアップがございます。

以上のように、目隠しガラスフィルムのラインアップは充実しています。ライフスタイルや好みに合わせてガラスフィルムの選択肢は豊富です。

以下の関連記事で従来の目隠し、プライバシー保護対策の特徴と問題点について詳しく解説しています。

[関連記事]

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り
タイトルとURLをコピーしました