窓ガラスの目隠しシート/プライバシー保護フィルムの活用方法

ベッドルームの窓ガラスに目隠しフィルムを施工 窓ガラスフィルム-ブログ
この記事は約5分で読めます。

マンションから一戸建て住宅まで、建物の立地条件と階数によって隣人や歩行者、通行車両からの視線が気になる建物が数多く存在します。

一戸建て住宅の場合、居住者のプライバシーを確保するため、背の高いプライバシー目隠しフェンスや窓ガラスの外側に日除けサンシェード、目隠し植栽・植木、室内に目隠しレースカーテン、ブラインドを設置するのが一般的です。

では、従来のプライバシー保護対策の各メリットとデメリット、そして、諸問題を解決できる目隠しフィルムについて解説します。

居住者のプライバシー保護対策

プライバシー目隠しフェンス

ウッドフェンス
プライバシーフェンス

一戸建て住宅で見かけるプライバシーフェンス。プライバシーフェンスには様々な種類があります。

メリット

プライバシーフェンスは木製、アルミ製、樹脂製など多種多様です。

・プライバシー保護効果が高い

デメリット

プライバシーフェンスの外構工事費は、どのようなタイプのブロックとフェンスを設置するかによって幅があります。

・工事費が嵩む

・閉塞感がある

・庭や建物に大きな影を作る

・日当たりの悪化

・製品によっては、通風性の悪化

日よけサンシェード

サンシェード 窓ガラス 住宅

一戸建て住宅でよく見かけるサンシェード。なお、多くの賃貸マンションと分譲マンションはサンシェードの設置を禁止しています。

メリット

・外から室内がほぼ見えない

・DIYで設置可能

・購入しやすい価格帯

デメリット

・室内が暗くなる

・台風や強風に弱い

目隠し植栽、植木

アサガオ

メリット

花好き、ガーデニングが好きな方でしたら、フェンスやベランダに季節の花や植物を植えて育てる楽しみがあります。

・庭やベランダが花と植物で充実する。

・植物が成長することで目隠し効果も十分。

デメリット

・植物の手入れに手間がかかる。

・植物が成長するほど、庭や建物に影ができる。

・虫が集まる。

レースカーテン

レースカーテン
レースカーテン

メリット

・設置が容易

・価格が手頃

デメリット

・薄手のレースカーテンはプライバシー保護効果が低い

・目隠しタイプのレースカーテンやUVカットレースカーテンにより眺望が悪化、あるいはゼロ

・閉塞感の問題

ブラインド

白いブラインド
ブラインド

メリット

・採光を自由に調節可能

・目隠し効果が高い

デメリット

・断熱性能が低い

・スラット(羽根)にホコリが溜まりやすい

ライフスタイルと好みに応じたプライバシー保護対策

以上のように、居住者のプライバシーを確保するためには、窓ガラスの外側か内側に物理的な「物」を設置する方法が一般的です。

かねてより「物」によって、外からの視線を遮るのがプライバシー確保の方法。

そこで、従来のプライバシー保護対策にプラスとなる方法が窓ガラスの「目隠しフィルム」です。

目隠しフィルム,プライバシー保護フィルム

窓ガラスフィルムの種類

数あるガラスフィルムの中で「目隠しフィルム」は便利な機能を持っています。目隠しシートとも呼ばれる目隠しフィルムの大きな特徴は次の2点です。

・外から室内がまったく見えない、あるいは見えにくい。

・室内から外がはっきり見える。

ここで、従来のプライバシー保護対策の特徴をもう一度振り返ってみます。

プライバシーフェンス

ウッドフェンス
プライバシーフェンスの目隠し効果

プライバシーフェンスは、

・外から室内がまったく見えない、あるいは見えにくい。

・室内からフェンスの外側がまったく見えない、あるいは見えにくい。

日よけサンシェード

サンシェード 窓ガラス 住宅
目隠しサンシェードの効果

日よけサンシェードは、

・ 外から室内がまったく見えない、あるいは見えにくい。

・室内から外が見えにくい。

目隠し植栽、植木

アサガオ
目隠し植栽、植物

目隠し植栽、植物は、

・外から室内がまったく見えない、あるいは見えにくい。

・室内から外が見えにくい。

レースカーテン

レースカーテン
プライバシーレースカーテンの効果

レースカーテンは、

・外から室内がまったく見えない、あるいは見えにくい。

・室内から外がまったく見えない、あるいは見えにくい。

ブラインド

白いブラインド

スラット角度が水平

ブラインドのスラット角度が水平の場合、外から室内が見え、室内からも外が見える。

ブラインドのプライバシー保護効果(スラット角度が水平)
スラット角度が水平

スラット角度が垂直

ブラインドのスラット角度が垂直の場合、外から室内が全く見えず、室内からも外が全く見えない。

ブラインドのプライバシー保護効果(スラット角度が垂直)
スラット角度が垂直

いかがでしたでしょうか?

従来のプライバシー保護対策と目隠しフィルムを比べると、大きな違いが見えてきます。

それは、従来のプライバシー保護対策の中で、外から室内が見えず、あるいは見えにくく、室内から外がはっきり見える方法は1つも存在しないのです。

目隠しフィルムの特徴

目隠しフィルムの大きな特徴はこちら。

目隠しフィルム、プライバシー保護フィルムの効果

目隠しフィルムは、

外から室内がまったく見えない、あるいは見えにくい。

室内から外がはっきり見える。

更に、目隠しフィルムは以下の機能性があります。

ガラス飛散防止

→ 台風や強風により飛来物が窓ガラスを直撃した場合、ガラス飛散を防止。

99%以上、紫外線カット

→ フローリングやカーペット、畳、壁紙、家具、調度品の日焼けや色褪せ、劣化の抑制。肌トラブルとなる日焼けやシミ、シワ、たるみの予防。

遮熱効果

→ 太陽の日射熱の流入を抑制し、エアコン効率の向上と節電化。

なお、目隠しフィルムを施工後、夜間照明の点灯により外から室内が見えるようになります。現在ご使用の遮光カーテンやブラインドにより、夜間もプライバシーを確保できます。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がけるHigh Groveの「フィルムワーク」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました