自動車のプライバシーガラス/スモークガラスが標準装備になった理由

自動車のスモークガラス/プライバシーガラス 窓ガラスフィルム-ブログ

かつて、カーオーナーの中にはフィルム屋さんに依頼して、後部ドアガラスとリヤガラスにフィルムを貼り付けていました。

ところが、時代と共にリヤドアガラスとリヤガラスにプライバシーガラス/スモークガラスが標準装備の日本車が増加しました。

道路を行き交う軽自動車からコンパクトカー、ミニバン、SUVまで、多くの自動車はプライバシーガラス/スモークガラスがごく普通の装備。目の前を通過する車の10台中、8台9台はプライバシーガラス/スモークガラスを装備しているような印象を受けます。

むしろ、プライバシーガラス/スモークガラスが非装備の自動車が少数派となっています。

何故でしょう?

自動車のプライバシーガラス/スモークガラスがほぼデフォルトになった背景

TOYOTA 4Runner/トヨタ 4ランナーのプライバシーガラス

今やプライバシーガラス/スモークガラスが標準装備の自動車が大多数となっています。

それは、明確な理由があるからです。

いつの時代も、各自動車メーカーは機能性もファッション性も無い無意味なパーツを標準装備することはあまりありません。いつの時代も流りのパーツはあるものの、機能性に問題があったりマーケットから受け入れられないパーツ類は自然淘汰されていきます。

そして、嗜好品としての傾向が強いアクセサリーパーツは別途、純正オプション品として用意されています。

自動車のプライバシーガラス/スモークガラスが標準装備の理由

多くの自動車が高熱線吸収/UVカット機能付のプライバシーガラス/スモークガラスを標準装備している理由として、これらが挙げられます。

・車内の温度上昇の抑制
・エアコンの負荷軽減による燃費向上
・プライバシーの確保
・乗員の日焼け予防
・車上荒らし予防
・室内品の日焼け劣化予防等

燃費対策

全自動車メーカーは国際的なCO2削減の命題が与えられているため、燃費向上のために様々な技術が車に投入されてきました。

それらの中で、プライバシーガラス/スモークガラスは夏季の車内温度の上昇を抑制し、エアコン負荷が軽減することで燃費向上に繋がります。夏季、特に自動車のリヤシートに乗り込むと、プライバシーガラスの有り、無しの違いを体感できます。

自動車は住宅とは異なり、車体の前後左右全てがガラス張りのため、夏季は車内温度が上昇しやすいのです。

プライバシー確保

乗車中のプライバシー確保を求めるニーズが高まってきたため、プライバシーガラス/スモークガラスの標準装備化が進んできました。

日焼け予防

多くの女性は乗車中の紫外線による日焼けを極度に嫌う傾向があります。夏季、行き交う車を眺めていると、ロングタイプのアームカバーをしている女性ドライバーを多く見かけるのがその理由です。

車上荒らし予防

車のガラス越しに金目の物が見えると、それが犯罪を引き起こす可能性が高まります。その点、プライバシーガラス/スモークガラスならば、未然に犯罪を防ぐ効果が期待できます。

車内品の日焼け劣化予防

車のシートやドアの内張り、センターコンソール等は強い紫外線による劣化対策を考慮して製造されています。

しかし、それでも紫外線の影響はゼロとは言えず、プライバシーガラス/スモークガラスが未装着の古めの車の室内を眺めると、明らかにシートの色褪せや劣化が見られます。

UVカット機能を持つガラスは中長期的に室内の色褪せや劣化対策に繋がります。

以上のように、プライバシーガラス/スモークガラスの採用で複数のメリットが得られます。

一戸建てやマンション、商業ビルの窓ガラスの現状と対策

一戸建て住宅

建築物の窓ガラスの現状

多くの一戸建てやマンションの窓ガラスは基本的に普通のフロートガラス(透明)が使われています。そして、高気密、高断熱住宅がデフォルト化しているため、多くの建物には複層ガラス(ペアガラス)が設置されています。

複層ガラスの中で機能性が高いLow-Eガラスが設置されている一戸建てもあるものの、Low-Eガラスで紫外線をカットすることはできません。

そして、商業ビルの場合、場所に応じてフロートガラス、複層ガラス、合わせガラス、強化ガラス、型板ガラスが使われています。

室内に入ってくる紫外線の中でUV-B(紫外線B波)はある程度、窓ガラスに吸収されるものの、室内に入り込む紫外線B波はゼロではありません。また、UV-A(紫外線A波)は窓ガラスを透過して室内に入ってきます。

建築物の窓ガラスに付加価値をプラス

このような現状から、現在の窓ガラスにガラスフィルムを施工することで付加価値を与え、機能性や意匠性を高めることができます。

一戸建てやマンション、商業ビル、店舗の窓ガラスに施工するフィルムには、自動車のガラスとは少々異なる機能性と意匠性が求められます。

・紫外線カット(室内の日焼け劣化の抑制、住人の日焼け、シミ、シワ予防)

・遮熱(日射熱の遮断)

・断熱(室内の熱を保つ)

・ガラス飛散防止(強風による飛来物からガラスの飛散防止)

・プライバシー保護

・意匠性(空間をデザインするためのフィルム)

ガラスフィルムで窓ガラスを進化させる

建築業界は自動車業界より遅れている、進歩が遅いという話を耳にしたことがあるかもしれません。建築業界の方にとっては耳が痛い話かもしれませんけど、これは、あながち間違っていません。

と言うのも、この世の建築物はセキスイハイムのような家を除き、現場でゼロから施工がスタートします。

元請はお施主様との打ち合わせからスタートし、資金計画、敷地調査、設計士による設計、詳細プランニング、工事請負契約、地鎮祭、基礎工事、上棟式を経て建物が出来上がっていきます。

これらの過程で、各分野の専門家と職人さん達が現場に集結して施工する以上、アナログ的なプロセスが多々存在します。現場施工である以上、物づくりには各分野の熟練の技が必要です。

建築現場では、自動車の製造工場のようにロボットを含めた産業用機械によるオートメーション化が不可能なのです。

もちろん、建築業界の中で建築資材は確実に進化を続けています。

例えば、建物のサッシはアルミサッシからアルミ樹脂複合サッシや樹脂サッシへ、そして、窓ガラスは単板ガラスからペアガラスやトリプルガラスへと進化してきました。

建築物は1棟1棟、設計が異なり、間取りも異なります。設計段階のCAD上ではパーフェクトな設計であっても、建物の完成後、お施主様は想定外の現実を目の当たりにすることが少なくありません。

例えば、西日が眩しい、夏場の太陽光で室内が暑い、吹き抜け空間が暑い、隣人や歩行者の視線が気になる等々、CAD上ではなかなか見えてこないリアルな現実が浮上してくるケースがあるのです。

だからと言って、新築の窓ガラスをサッシごとLow-Eガラスに交換するのは非現実的な話。

そのようなケースにおいても、窓ガラスにフィルムを施工することでガラスに新たな機能を加えることができるのです。

窓ガラスのフィルム施工のお問い合わせ、お見積り-静岡県浜松市

コメント

タイトルとURLをコピーしました