ガラスフィルム,ウインドウフィルム職人が使う道具-スクレーパー

スクレーパーnalbieナルビー 窓ガラスフィルム-ブログ

ガラスフィルム施工業者の職人が施工現場で必須となる道具の1つとして、スクレーパーが挙げられます。

スクレーパー(Scraper)はガラスクリーニングから剥がしにくいステッカー類、頑固な汚れを落とす目的で使われます。用途に応じて様々なタイプのスクレーパーが販売されています。

スクレーパーでガラス面のクリーニング

職人がガラスフィルム、ウインドウフィルムを施工するガラス面をスクレーパーでクリーニングします。

人の手の感覚は鋭く、ガラス面に汚れが付着していると、汚れがスクレーパーの刃に接触し、その抵抗がスクレーパーを通して手に伝わります。

汚れているガラス面の上ではスクレーパーの滑りが悪く、手にざらつき感が伝わってきます。また、スクレーパーの刃がガラス面の上を滑る接触音にも変化が出ます。

反対に、キレイなガラス面の上ではスクレーパーが滑るように動き、接触音があまり出ません。

ガラス面の汚れ具合は千差万別なため、職人はスクレーパーから手に伝わってくる感触と接触音を確認しながらクリーニング作業を進めます。

肉眼では確認できない汚れでも、スクレーパーからの感触が汚れの存在を手に伝えてくれます。ガラスのクリーニングが十分ではないと、フィルム施工の仕上がりに差が出るため、神経を使う工程です。

スクレーパーの取り扱い

ウィンドウフィルム職人が使う道具の中で一番、取り扱いに気を使うのはスクレーパーです。

・スクレーパーの使用後、必ず刃にセーフティーカバーを装着します。

・腰袋にスクレーパーを入れる時、必ず刃の部分を下向きで収納します。

スクレーパーの切れ味は鋭く、ちょっとでも手が刃に触れたら大怪我する危険性があります。

職人はガラス面にスクレーパーを当てながら汚れを取り除いていきます。スクレーパーの使い方を誤ると、ガラス面にキズを付けてしまうリスクがあるため、慎重に作業を進めます。

ガラス面の困った汚れ

子供が窓ガラスにシールを貼ることがよくあります。紙製のシール類であれば、除去は概ね難しい作業ではありません。

しかし、幅広のテープ類がガラス面に頑固に張り付いていると、場合によっては剥がし作業が容易ではありません。わずか50cm四方のテープ汚れを取り除くために、1時間以上の時間を要することもあります。

このような場合、スクレーパーの切れ味の鈍化が早く、替刃に交換しながらの作業が続きます。

生活のミニ知識

生活のミニ知識ながら、窓ガラス面にテープ類を貼り付けて年数が経過すると、除去が容易ではなくなります。窓ガラスにテープ類を貼らないのが賢明です。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました