窓ガラスの合わせガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

自動車のフロントガラス(合わせガラス) 窓ガラスの種類

防犯ガラスとしても使われている合わせガラス。

身近な例として、自動車のフロントガラスは法律で合わせガラスの装着が義務化されています。この理由として、走行中の飛び石や事故の発生時、合わせガラスは飛散しにくく安全性を確保できるからです。

建築物に使われている合わせガラスは自動車のフロントガラスと同様の機能を持っています。

合わせガラス/防犯ガラスとは?

合わせガラスは2枚のガラスの間にフィルムや樹脂などの特殊被膜を挟み込んでいる構造。合わせガラスは比較的、強度が優れているガラスです。

また、合わせガラスの構造上、ガラスが割れても特殊被膜がガラスを保持するため、ガラスが飛散しにくく、非常に安全性が高いガラス。

2枚のガラスの間にセットされている特殊被膜はUVカット効果があります。

そして、特殊被膜を複数枚セットして強度を高めている合わせガラスは防犯用ガラスとして多く使われています。

防犯用ガラスは犯罪の手口である「こじ破り」や「打ち破り」などに対して高い防犯性があります。

合わせガラスの特徴とメリット

Laminated Glass Technologies by Cardinal

合わせガラスのメリット

・ガラス飛散防止

台風による飛来物がガラスを直撃したり、地震発生時、特殊被膜がガラスをしっかりと保持するため、ガラスが飛散しにくい。

・UVカット

特殊被膜が太陽光の紫外線/UVを99%以上カット。

・防犯効果

合わせガラスの構造上、空き巣犯が鋭利な道具などを使用しても、ガラス突破に時間がかかるため、侵入防止に効果的。

・貫通防止

台風や暴風雨による鋭利な飛来物がガラスを直撃しても、高い対貫通性能。

・防音効果

特殊被膜が室外から室内へ入り込む音の遮音効果有り。

合わせガラスと強化ガラスの違い

強化ガラスは熱処理により強度を高めたガラスです。しかし、強化ガラスの物理的な限界点を超えると、一瞬にして粉砕してしまいます。

強化ガラスについては、以下の関連ページをご参照ください。

合わせガラスの用途

合わせガラスは防犯用ガラスとして、一般住宅から店舗、商業ビルまで幅広い分野で使われています。

合わせガラスの厚さ

建築用の合わせガラスは3mm以上のガラスで構成されています。

そして、中間膜の厚みはmil(ミル)で表示されます。(1mil = 0.0254mm)

代表的な中間膜の厚みは、15mil, 30mil, 60mil, 90mil, 120mil。

合わせガラスの厚みは次の計算式で出ます。

ガラスの厚み×2枚 + 中間膜の厚み = 合わせガラスの厚み

合わせガラス/防犯ガラスにガラスフィルムの施工は可能?

合わせガラスにガラスフィルムの施工はできます。

現在、建物に設置されている合わせガラスは「ガラス飛散防止」と「UVカット」機能があります。

合わせガラスにガラスフィルムを施工することで、更に遮熱や遮熱断熱、目隠しプライバシー保護機能や意匠性の高い装飾性をプラスすることができます。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました