虫除けフィルム防虫フィルムで窓ガラスのユスリカ対策,ウンカ対策

防虫対策フィルム-虫嫌いの女性

なぜ昆虫は夜、店舗に集まる?

防虫対策フィルムで夜、店舗のガラスに集まる虫を低減

夜、昆虫はこうこうと輝く飲食店、スーパーマーケット、コンビニ、その他、各種店舗の窓ガラスに集まってきます。一戸建て住宅やマンション、商業ビルでも同様、昆虫は照明の光に向かって集まってきます。

特に夏の夜、多くの昆虫が光に向かって集まってきます。

これは、なぜでしょう?

それは、走光性(そうこうせい)を持つ昆虫は光に含まれる「紫外線」に反応して集まる習性があるからです。

それを逆手に取り、よくコンビニや店舗の外側に飛来昆虫捕獲機が設置されています。これは、紫外線ランプを使用しています。

飛来昆虫捕獲機の集虫燈ランプは正の走光性を持つ昆虫が反応する波長(360~370nm)を放出します。これにより虫を集めて、捕獲する仕組み。

ここで、「走光性」という耳慣れない言葉を解説します。

走光性とは?

正の走光性を持つ昆虫は光に集まる
[正の走光性を持つ虫が光に集まる。]

生き物が持つ正の走光性

走光性とは、生き物が光に反応して移動する性質を意味します。

光に集まってくる行動を「正の走光性」と言います。照明が点灯している建物の窓ガラスや街灯に集まってくる昆虫は、正の走光性を持っているのです。

例えば、ウンカやユスリカ、ガ、カゲロウ、カブトムシ、ゲンゴロウ、コガネムシ、セミ、カナブン等は正の走光性を持つ昆虫。正の走光性を持つ昆虫は本能的に光に集まる習性があります。

コンビニや各店舗に出入りするお客さんの中で、特に多くの女性は窓ガラスに群がる昆虫を嫌います。男性でさえ、ガラスに群がる昆虫を見て不潔に感じるのではないでしょうか。

誰もが、建物の窓ガラスに集まってくる昆虫に清潔感を抱きません。ややもすると、店舗のブランドやステイタス、商品イメージを低下させる要因となります。

人は正の走光性を持つ?

ちなみに、夜の道路沿いに明るい看板が見えてくると、人はついつい吸い寄せられるような気分になります。

「ちょっと、コンビニに寄ろう」、「カフェでコーヒーでも飲んでいこう」という気分になるもの。

長時間、車をドライブしていてドライバーの視界に明るい看板が入ってくると、ついつい、その店や商業施設に入りたくなります。人は正の走光性を持っているのかもしれません。

防虫フィルムが虫の飛来を低減

コンビニなどの各店舗に設置されている飛来昆虫捕獲機に使用する誘虫灯ランプ(UVランプ)の寿命は半年程度。

UVランプは性能の低下が早く、使用開始から6ヶ月経過すると、紫外線の放出性能が50~80%台に低下してしまいます。

よって、定期的な誘虫灯ランプの交換が必要です。

また、日常的に飛来昆虫捕獲機が捕獲した虫を処理する手間が必要です。もちろん、捕獲機を機能させるためには、夕方から翌早朝まで電気代が必要。

とかく、虫は悩ましい問題。

そこで、窓ガラスに集まってくる虫除け対策として、窓に防虫フィルムを施工する方法があります。

防虫フィルムBefore & After

Before-虫除け、防虫フィルム施工前

虫が紫外線を含む店舗照明に集まる。

正の走光性を持つウンカやユスリカ、ガ、カゲロウ、カブトムシ、ゲンゴロウ、コガネムシ、セミ、カナブン等は店舗照明に含まれる紫外線に向かって集まる習性があります。

例えば、コンビニに設置されている飛来昆虫捕獲機は1、2台のため、 店舗に集まってくる全ての虫を捕獲するのは難しくなります。

After-虫除け、防虫フィルム施工後

虫よけ、防虫対策フィルムが紫外線をカット。

虫除け、防虫対策ガラスフィルムは、虫が反応する紫外線領域の光だけをカットします。これにより、正の走光性を持つ虫の飛来を低減するメカニズムです。

店舗照明がガラスフィルムを通過して暗くなるようなことはありませんし、店舗照明の明るさは変わりません。

照明から出る紫外線

LED蛍光灯
LED

使用している照明がLEDなのか、蛍光灯や白熱電球、ハロゲンランプなのかにより、発する紫外線量に違いがあります。

これら照明の中で、LEDは紫外線を発生しないという商品説明が一部あるようです。しかし、これは誤りです。LEDの種類により、紫外線量に違いがあります。

LED

青色LEDと蛍光体を組み合わせたLED

LEDから微量の紫外線が出る。

赤色LED緑色LED青色LEDを組み合わせたLED

LEDから微量の紫外線が出る。

■近紫外LED or 紫色LEDにより、赤・緑・青の蛍光体を光らせるLED

LEDから紫外線が出る。

蛍光灯、白熱電球、ハロゲンランプ

スパイラル蛍光灯
スパイラル型蛍光灯

蛍光灯、白熱電球、ハロゲンランプはLEDより多くの紫外線量を放出します。

虫除け防虫フィルムのメリット

・正の走光性を持つ虫の飛来を低減

・ガラスフィルムのランニングコストはゼロ

・店舗、建物の清潔感を確保

・店舗イメージとブランディングの確保

・ガラスフィルムのメンテナンスは簡単

窓ガラス用の虫よけフィルム、防虫フィルムは3MTMやサンゲツのフィルムラインアップからお選びいただけます。

24時間365日、虫除け効果を発揮

窓ガラスに防虫フィルムを施工後、虫よけ防虫効果が24時間365日、持続します。当然、ランニングコストはゼロ。

窓ガラスは言わば、店舗やサービス業の顔。窓ガラスに集まってくる虫を防虫フィルムで低減し、清潔感とイメージアップ効果が期待できます。

防虫フィルムのメンテナンスは簡単

具体的に、3MTMの防虫フィルムの場合、窓ガラスの内側(店舗内側)にフィルムを施工します。窓ガラスの外側のメンテナンスは今までどおりです。

そして、店舗内のフィルム側のメンテナンス方法は、水を含ませた柔らかいタオルで軽く拭きあげるだけで十分。あるいは、スプレーなどでフィルム面に水を噴霧して、ゴムワイパーで水滴を取り除きます。

防虫フィルム・ラインアップ

防虫フィルム by 3M(TM)

3M 窓ガラスフィルム

3MTMの防虫フィルムは正の走光性のある虫に対して効果を発揮するガラスフィルム。

・虫が反応する紫外線領域の光をカット

・紫外線を99%以上カット

・ガラス飛散防止

※内貼り用フィルムです。

用途

飲食店、コンビニ、各種店舗、食品工場、一戸建て住宅、マンション等。

3M防虫フィルム仕様

・可視光線透過率:90%

・紫外線カット:99%以上

・遮蔽係数:0.97

・熱貫流率:6.1W/m2・K

肉眼では、ほぼ透明に見える防虫フィルムです。

3M防虫フィルム施工価格

3MTM防虫フィルムの施工価格はこちらのページをご参照ください。

防虫フィルム by CREAS

クレアス/CLEAS by サンゲツ/sangetsu

2020年6月、サンゲツのCREAS/クレアスからクリアタイプの虫除け防虫フィルム、ムシアウェイ(GF1408、外貼り用)がリリースされました。

従来のムシアウェイはマットタイプ。ラインアップにクリアタイプが加わったことで、更にマーケットが広がりました。サンゲツの防虫フィルムの特徴は次のとおりです。

・虫が反応する紫外線領域の光をカット

・フィルム表面に防虫効果のある薬剤(ピレスロイド系防虫成分)を配合

紫外線に反応しない虫に対しても虫除け効果を発揮

・紫外線を99%以上カット

・ガラス飛散防止

※ピレスロイド系防虫成分が練り込まれているフィルムの安全性はClass U。危険性は無く、通常に接しても人体への影響はありません。

※外貼り用フィルムです。

効果が期待できる虫の種類

ハエ、蚊、ゴキブリ、ノミ、トコジラミ、イエダニ、アオムシ、アブラムシ類、イナゴ類、ウンカ類、カメムシ類、コナガ、尺取虫類、毛虫類、コナジラム類、タバコ蛾、ヤマノイモ蛾、ヨトウムシ類。

用途

飲食店、コンビニ、各種店舗、食品工場、一戸建て住宅、マンション等。

忌避率

フィルムメーカーの試験によりますと、ムシアウェイの忌避率は85%。

メリット

クレアスのムシアウェイは外貼り専用フィルムです。これは、窓の外側(室外側)にフィルムを貼るタイプ。店舗の営業中、施工でご迷惑をおかけすることがありません。

ムシアウェイ(GF1408)クリアタイプ仕様

・可視光線透過率:89%

・紫外線カット:99%以上

・遮蔽係数:0.96

・熱貫流率:6.1W/m2・K

肉眼では、ほぼ透明に見える防虫フィルムです。

クレアス防虫フィルム施工価格

クレアス防虫フィルムの施工価格はこちらのページをご参照ください。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がけるHigh Groveの「フィルムワーク」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り
close

無料メルマガ登録

登録後、会員パスワードを発行。専用ページであなたにマッチするフィルムが分かる!

快適空間のための役立つメルマガをプレゼント!

スパムはしません。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました