窓ガラスの複層ガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

ペアガラス、複層ガラス 窓ガラスの種類

「複層ガラス」という言葉は一般的に耳慣れないかもしれません。他方、「ペアガラス」という言葉を聞いたことがある方はいるのではないでしょうか。

時代と共に高気密高断熱住宅が増加し、複層ガラスが設置された家がもはやデフォルトと化しています。

複層ガラスとは?

複層ガラスにガラスフィルム施工

複層ガラスとは、ガラスとガラスの間に空気やアルゴンガスなどが充填された層を作り、乾燥状態に保つことで断熱性能を高めたガラス。

中には、ガラスとガラスの間の中間層が真空状態になっている真空ガラスもあります。

複層ガラスのガラスが2枚の場合はペアガラス、3枚の場合はトリプルガラスとも呼ばれます。

ガラスとガラスの間の中間層が高い断熱性能を発揮し、寒い外気を遮断し、暖房効率と遮音性を高める効果があります。

かつて、複層ガラスは東北や北海道の建築物に設置されていました。今や全国的に多くの高気密高断熱住宅に普及しています。

複層ガラスは2枚、または3枚のガラスを組み合わせた構造のため、フロートガラスのみならず、型板ガラスや網入りガラス、合わせガラスを組み合わせることも可能です。

複層ガラスのメリット

高い断熱効果

複層ガラスは2枚、または3枚の窓ガラスを組み合わせるため断熱性能が高く、夏は涼しく、冬は暖かい室内環境をサポートします。

省エネ効果

複層ガラスは断熱性能が高いため、夏のエアコン、そして冬のエアコン暖房や暖房器具の効率が高まります。これにより、1年を通して電気代や燃料代を節約できます。

遮音効果

ガラスとガラスの間の空気層が外の音を吸収するため、遮音効果が高まります。同時に、室内の音が外に漏れにくい効果もあります。

結露しにくい

複層ガラスは「樹脂サッシ」や「アルミ樹脂複合サッシ」、そして、一部の木製サッシに組み込まれています。

これにより、サッシと窓ガラス全体の断熱効果が高いため、結露しにくくなります。

複層ガラスの用途

複層ガラスの用途は一戸建て住宅からマンション、ビルまで幅広く、高層ビルにも普及が進んでいます。

複層ガラスにガラスフィルムの施工は可能?

複層ガラスの設置環境、複層ガラスに組み込まれているガラスの種類、ガラスフィルムの種類によっては、複層ガラスにガラスフィルムの施工ができます。

複層ガラスの設置環境とは、ガラスが面している方角や太陽光の当たり具合、影の当たり具合などを意味します。窓ガラスの設置環境は1枚1枚、異なります。

複層ガラスにガラスフィルムを施工する場合、プロが必ず現地調査をして熱割れ計算を行います。熱割れのリスク判定を経て、Goサインが出たら施工可能です。

複層ガラスにガラスフィルムを貼り付ける場合、専門的な知識と判断が必要です。

一般の方がホームセンターなどで安価なガラスフィルム/シートを購入し、複層ガラスに貼り付けると、複層ガラスの種類によっては熱割れするリスクが高いため注意が必要です。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました