ニトリ目隠しフィルム,遮光シート,遮熱シート,断熱シートの違い

リビングダイニング 窓ガラスフィルム-ブログ
この記事は約10分で読めます。

「お値段以上、ニトリ♪」のキャッチコピーで幅広い世代から愛されているニトリ。

家具とインテリア、生活用品のニトリは全国に店舗を拡大し、買いやすく親しみのあるブランドへと成長してきました。

ニトリの特徴は同業のIKEA/イケア、そして、アパレルのユニクロやGUと同様、商品企画、生産、販売が一体化しているSPA(製造小売業/Specialty store retailer of Private label Apparel)。

更に、ニトリは家具という、重くてかさばる製品を製造販売するビジネスモデルのため、自社で物流機能を構築しています。

ニトリは配達と組み立てサービスにも力を入れ、IKEA/イケアとは異なる経営戦略が特徴的です。

さて、ニトリの幅広い商品ラインアップの中で、窓ガラス周りの商品も充実しています。

例えば、窓に貼る目隠しシート、遮光シート、遮熱シート、断熱シート、結露抑制シートなどが挙げられます。

これらのシートは用途に応じて使い分ける必要があります。

そこで、まずは当ブログの管理人がニトリの公式通販サイトで窓に貼るシートをリサーチしてみました。

なお、ニトリの各種シートも窓ガラスとの相性があります。窓に不適切なシートを貼り付けると、ガラスの熱割れリスクがあるため注意が必要です。

ニトリの窓に貼るシート

ベッドルームにPCデスク

ニトリの公式通販サイトを閲覧しますと、窓に貼る商品は窓ガラスフィルムや窓フィルムではなく、目隠しシート、遮光シート、遮熱シート、断熱シート、結露抑制シートのように「シート」と表現しています。

調光シート

ニトリ公式通販、ニトリネットで検索しますと、ラインアップの中で「調光シート」はヒットしませんでした。「遮光フィルム」でもヒットしませんでした。

なお、調光ロールスクリーンや調光できる木調ブランドがヒットしました。

遮光・遮熱メッシュシート

遮光・遮熱メッシュシートは窓ガラスの遮光と遮熱効果が期待できる遮光シート、遮熱シート。公式通販サイトは遮光フィルム、遮熱フィルムではなく、「遮光シート」「遮熱シート」と表現しています。

カラーシルバー、ホワイト
素材塩化ビニル
(粘着剤未使用)
UVカット率約85%
耐熱温度60℃
保証期間1年

・ニトリの「遮光シート・遮熱メッシュシート」に粘着剤は使われていません。窓ガラスにシートを密着させて使用します。

・メッシュタイプのため、眺望がやや低下します。

・保証期間1年。

窓目隠しシート

ニトリの窓目隠しシートは窓の外から見えないようにするシート。公式通販サイトは目隠しフィルムではなく、「目隠しシート」と表現しています。

構造3層シート構造
カラーホワイト
素材ポリエチレン
(粘着剤使用)
UVカット率不明
用途透明板ガラス、
すりガラス(平滑面,凹凸面)、
型板ガラス(平滑面)
使用期間約6ヶ月

すりガラスシート

窓にニトリのすりガラスシートを貼ることで、外から室内が見えにくくなります。

カラークリア
素材塩化ビニール
使用期間
貼ってはがせるシールタイプ

・ニトリの窓目隠しシートは弱粘着剤が使われています。窓ガラスにピタッと貼り付けます。

・眺望は障子を閉めたようにゼロになります。

・保証期間が6ヶ月のため、1シーズンが目安の製品です。

断熱・結露抑制シート(そのまま貼れる)

断熱・結露抑制シートは冬の窓ガラスの断熱、結露の抑制が期待できるシート。

公式通販サイトは、断熱フィルム、結露防止フィルムではなく、「断熱シート」「結露抑制シート」と表現しています。この製品は、そのまま窓に密着させるタイプです。

構造3層シート構造
カラーホワイト、グレー
素材ポリエチレン
(粘着剤使用)
UVカット率不明
用途透明板ガラス、
すりガラス(平滑面,凹凸面)、
型板ガラス(平滑面)
使用期間約6ヶ月

・断熱・結露抑制シートはプチプチ素材が2枚のシートで挟まれている構造です。

・眺望はゼロになります。

・保証期間が6ヶ月のため、1シーズンが目安の製品です。

断熱・結露抑制シート(水で貼れる)

断熱・結露抑制シートは冬の窓ガラスの断熱、結露の抑制が期待できる製品。この製品は、水を使ってシートを貼り付けるタイプです。

構造3層シート構造
カラーホワイト
素材ポリエチレン
UVカット率不明
用途透明板ガラス、
すりガラス(平滑面)、
型板ガラス(平滑面)
使用期間約6ヶ月

・水で貼れる断熱・結露抑制シートはプチプチ素材が2枚のシートで挟まれている構造です。

・眺望はゼロになります。

・保証期間が6ヶ月のため、1シーズンが目安の製品です。

マドピタ断熱シート

ニトリのマドピタ断熱シートは模様入りのプチプチ。水もテープも不要で窓に窓ピタシートを貼り付けることができます。

3層構造のプチプチが断熱効果を発揮し、夏の暑さと冬の寒さ対策品です。また、結露の抑制が期待できます。

カラークリア
サイズ(cm)90×180
素材ポリエチレン
重量(g)260
使用期間6ヶ月

デメリット

・眺望がゼロになる

・室内が若干暗くなる

マドピタ断熱シートは貼り付け可能な窓と不可な窓があります。また、ガラスにキズが入っている窓にプチプチを貼り付けると、ガラスの熱割れが発生する可能性があります。

貼り付け可能な窓

窓ガラスの種類貼り付けの可否
透明フロートガラスOK
すりガラス平滑面はOK
型板ガラス平滑面はOK
網入りガラスNO
複層ガラスNO
合わせガラスNO

飛散防止窓貼りシート

ニトリの公式通販サイトで検索すると、「ガラス飛散防止フィルム」はヒットしませんでした。なお、「飛散防止窓貼りシート」がヒットしました。

カラークリア
サイズ(cm)46×90
素材塩化ビニール

この飛散防止窓貼りシートは霧吹きなどでガラス面を濡らして貼り付ける水貼りタイプです。カラーはクリアと表示されているものの、このシートはすりガラス調のシートです。

すりガラス断熱シート

ニトリのスリガラス断熱シート/曇りガラスシートを一言で表現すると、模様入りのプチプチ。

カラーモカ
サイズ(cm)90×180
素材ポリエチレン
重量(g)400
使用期間約6ヶ月

貼り付け方法

シートの貼り付け方法は、シートを貼り付ける窓のサイズを測り、カッターやはさみでシートをカットします。ガラス面の汚れを取り除き、シートの保護フィルムを剥がして窓に貼り付けます。

デメリット

スリガラス断熱シートは模様入りのプチプチのため、以下のデメリットがあります。

・眺望がゼロになる

・室内が若干暗くなる

このプチプチタイプのシートは貼り付け可能な窓と不可な窓があります。また、ガラスにキズが入っている窓にプチプチを貼り付けると、ガラスの熱割れが発生する可能性があります。

貼り付け可能な窓

ニトリの通販サイトでは、次の注意書きがあります。

窓ガラスの種類貼り付けの可否
透明フロートガラスOK
すりガラスOK
型板ガラス平滑面はOK
網入りガラスNO
複層ガラスNO
合わせガラスNO

網入りガラス、複層ガラス、合わせガラスにプチプチを貼り付けると、ガラス熱割れリスクがあるため要注意です。

結露対策シートの使い方

結露対策の結露防止シート/結露防止フィルムや断熱シート、プチプチはホームセンターでも販売されています。

これらの製品は窓の断熱性を若干高め、結露の抑制を目的とする製品です。

窓ガラスに結露防止や断熱を謳っているシートを貼り付けても、窓の断熱性能や室温、部屋の湿度、外気温によっては窓やサッシが結露します。

結露防止シートや断熱シートは結露を完全に防止できる製品ではありません。

冬季の室温は20℃前後、部屋の湿度は40~60%以下を適切に保ち、窓ガラスとサッシが結露しないようにしたいものです。

(出典)ニトリ公式通販ニトリネット(2021.7.20)

UVカットフィルム

ニトリの公式通販サイトで検索しますと、UVカットカーテンはヒットしたものの、窓用の「UVカットフィルム」はヒットしませんでした。

ミラーフィルム

曇り止めフィルム付きの樹脂製ミラーはヒットしたものの、窓ガラスに貼る「ミラーフィルム」はヒットしませんでした。

マジックミラーフィルム

外から見えないタイプの「マジックミラーフィルム」はヒットしませんでした。

窓ガラスの種類

建物には様々なタイプの窓ガラスが設置されています。

フロートガラス(普通の板ガラス)、すりガラス、型板ガラス、網入りガラス、複層ガラス、合わせガラスの違いについては各リンク先をご参照ください。

フロートガラス

すりガラス

型板ガラス

網入りガラス

複層ガラス

合わせガラス

遮熱と断熱の違い

ニトリの公式通販サイトに「遮光シート、遮熱シート、断熱シート」という表現があります。それぞれ、どのような意味なのか混乱してしまうかもしれません。

・夏の暑さを和らげる窓シートは「遮光シート、遮熱シート、断熱シート」の中でどれ?

・冬の寒さを和らげる窓シートは「遮光シート、遮熱シート、断熱シート」の中でどれ?

「遮熱」と「断熱」の違いは、意外と知られていないのです。以下のページで「遮熱」と「断熱」の違いが一目で分かります。

ニトリ窓シートのまとめ

ニトリの各種窓シートは弱粘着剤で窓に軽く貼り付けるタイプ、または、窓に密着させるタイプ。素材は塩化ビニルとポリエチレン。

遮光・遮熱メッシュシートのみ、UVカット率が約85%と表示されています。その他のシートにUVカット率の表示は見つかりませんでした。

ニトリの遮光・遮熱メッシュシートは眺望が低下しつつも、外の様子が分かるタイプ。それ以外のシートを窓に貼り付けると、眺望はゼロになります。

ニトリの各種シートの使用期間は6ヶ月~1年のため、短期的に試しに使ってみる製品と言えます。

このような方向き

ニトリの各種窓シートはDIYで簡単に貼り付けることができ、価格設定が手頃。

室内の目隠し、眩しさ対策、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策、結露抑制対策として、まったく何もしないよりは、DIYで窓にペタッとシートを貼ってみたい方にマッチするのではないでしょうか。

なお、ニトリの各種窓シートに本格的なプロ業者用の「目隠しフィルム」や「UVカットフィルム」「遮熱フィルム」「遮熱断熱フィルム」「ガラス飛散防止フィルム」のような機能性と耐久性を求めることはできません。

あと、DIYで窓に水を噴霧しながらフィルムを貼ろうとすると、トホホな仕上がり具合になってしまう難しさがあります。

【関連記事】

本格的な眩しさ、暑さ、寒さ、目隠し対策はプロ用フィルムで

窓ガラスにフィルムを施工中

プロ用のガラスフィルム(内貼りフィルム)は10年ほどの耐久性があります。高分子素材で製造されている本格的な各種ガラスフィルムは用途に応じて、ラインアップが充実しています。

【眩しさ対策】

遮熱フィルム、または、遮熱断熱フィルム

【暑さ対策】

遮熱フィルム(最大、日射熱を約70%カット)

【寒さ対策】

遮熱断熱フィルム(最大、窓の断熱性能が約30%アップ)

【目隠し対策】

目隠しフィルムや遮熱フィルム、遮熱断熱フィルム

プロ用のガラスフィルムは全て、以下の機能性を兼ね備えています。

・99%以上、紫外線/UVカット。

・台風などの災害によるガラス飛散防止効果。

窓ガラスフィルムの種類

プロ用ガラスフィルムは暑さ対策、寒さ対策、眩しさ対策、目隠し対策、防犯対策、紫外線対策、結露抑制対策などの目的に応じたラインアップが豊富です。

詳細は関連記事をご参照ください。

【関連記事】

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がけるHigh Groveの「フィルムワーク」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました