省エネ遮熱シート/フィルム,断熱シート/フィルムで冷房&暖房効率UP

窓ガラスのフィルム施工で遮熱、省エネフィルムで日射熱のカット&冷房効率UP

室内を暖め、冷やしてしまう主な場所は窓ガラス

一戸建て住宅からマンション、ビルまで、「熱」の多くは建築物の窓ガラスから出入りしています。

夏は強い日射熱が窓ガラスを通して室内を暖めてしまい、冬は室内の熱が窓ガラスを通して屋外へ逃げてしまっているのです。

夏季、窓からの日射熱が部屋を暖めてしまう

夏の冷房時に外から室内に熱が流入する割合

夏季、太陽の日射熱が窓ガラスを通して室内に流入し、室内温度を上昇させます。窓ガラスから室内に熱が流入する割合は全体の「約70%」に達します。

夏季、エアコンの効きが良くない複数の原因の一つとして、窓ガラスが大きく関係しています。

そこで、窓ガラスに遮熱フィルムを施工することで、室内への日射熱の流入を抑制できます。これにより、眩しい日差しが和らいで冷房効率が向上し、節電に繋がります。

冬季、部屋の熱が窓ガラスから逃げてしまう

冬の暖房時に室内から外へ熱が流出する割合

冬季、室内の熱が窓ガラスを通して屋外へ流出し、室内温度を低下させます。 室内の熱が窓ガラスを通して屋外へ流出する割合は全体の「約60%」

冬季、エアコン暖房や石油ファンヒーター等、暖房器具の効きが良くない複数の原因の一つとして、窓ガラスが大きく関係しています。

そこで、窓ガラスに遮熱断熱フィルムを施工することで、屋外への室内熱の流出を抑制できます。これにより、室内が暖かく暖房効率が向上し、節電や燃料費の削減に繋がります。

樹脂サッシ+複層ガラスの普及

ここで、一戸建て住宅に焦点を当ててみます。

2003年7月1日、改正建築基準法が施工され、建築物にシックハウス対策の24時間換気システムが義務化されました。24時間換気システムが正常に機能するためには、家そのものの気密性を高める必要があります。

そして、経済産業省がZEH(ゼッチ)という、建築物の断熱性能を高め、高性能設備でエネルギーを効率的に使用することでエネルギー消費量の収支ゼロを目指した住宅を推進しています。

このような背景から、ハウスメーカーと全国の工務店にとって、高気密高断熱住宅が常識化しています。

家の断熱性能を高めるためには、外壁はもちろんのこと、「窓の性能」を強化する必要があります。先ほどの解説のように、建物の断熱性能を落としてしまう主な場所は「窓」なのです。

そこで、今や高気密高断熱住宅に「樹脂サッシ+複層ガラス」や「アルミ樹脂複合サッシ+複層ガラス」の設置がデフォルト化しています。

中には、より高性能な「樹脂サッシ+Low-E複層ガラス」が設置されています。

しかし、2000年以前に建てられた一戸建て住宅の多くは「アルミサッシ+単板ガラス」が設置されています。

そこで、単板ガラスに「遮熱断熱ガラスフィルム」を施工することで、窓ガラスに遮熱性能と断熱性能を加えることが可能となります。

遮熱ガラスフィルムで冷房効率UP

3MのYouTube動画によりますと、窓ガラスに遮熱ガラスフィルム「NANO70S」を施工することで、窓際の温度が10℃以上、低下する実験結果が出ています。

夏季、太陽光の日射熱による室温上昇が気になる場合、このような遮熱ガラスフィルムが効果的です。

更に、「NANO70S」遮熱ガラスフィルムは紫外線を100%カットします。これにより、アパレルなどの路面店の悩みである商品の色褪せや劣化を抑制することができます。

3M(TM) Scotchtint(TM) Window Film マルチレイヤーNanoシリーズ(5分版)

遮熱断熱ガラスフィルムで夏も冬も快適

ガラスフィルムの中には、遮熱と断熱性能の両方を持つ「遮熱断熱ガラスフィルム」があります。

わずか厚さ50μm(0.05mm)の遮熱断熱ガラスフィルムで、夏も冬も快適な室内空間を整えることができます。

GLAFIL/グラフィルや住友理工リフレシャインの遮熱断熱ガラスフィルムは紫外線を99%以上カット。更に、災害時のガラス飛散を抑制する効果もあります。

夏は涼しい

遮熱断熱フィルムで夏は涼しい

遮熱断熱ガラスフィルムが窓ガラスを通して流入してくる日射熱を抑制します。室内の暑さを抑えることで、エアコンの負荷が軽減して電気代の削減に繋がります。

冬は暖かい

遮熱断熱フィルムで冬は暖かい

遮熱断熱ガラスフィルムが暖められた熱の外への流出を抑制します。暖められた室内の熱の流出を抑えることで、エアコン暖房や暖房器具の電気代、灯油代の削減に繋がります。

[関連記事]

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り
タイトルとURLをコピーしました