省エネ遮熱&断熱窓ガラスフィルムで日射熱をカット&冷房,暖房効率UP

窓ガラスのフィルム施工で遮熱、省エネフィルムで日射熱のカット&冷房効率UP

遮熱&断熱フィルムで冷暖房効率UP

3M(TM) Scotchtint(TM) Window Film マルチレイヤーNanoシリーズ(5分版)

室内を暖め、冷やしてしまう主な場所は窓ガラス

一戸建てからマンション、ビルまで、「熱」は主に窓ガラスから出入りしています。夏は強い日射熱が窓ガラスを通して室内を暖めてしまい、冬は室内の熱が窓ガラスを通して屋外へ逃げてしまっているのです。

夏、窓からの日射熱が部屋を暖めてしまう

夏の冷房時に外から室内に熱が流入する割合

夏は、太陽の日射熱が窓ガラスを通して室内に流入することで室内温度を上昇させます。夏、窓ガラスから室内に熱が流入する割合は全体の「約70%」に達します。

夏場、エアコンの効きが良くない複数の原因の一つとして、窓ガラスが大きく関係しています。

そこで、窓ガラスにフィルムを施工することで、室内への日射熱の流入を抑制できます。これにより、眩しい日差しが和らいで冷房効率が向上し、節電に繋がります。

冬、部屋の熱が窓ガラスから逃げてしまう

冬の暖房時に室内から外へ熱が流出する割合

冬は、室内の熱が窓ガラスを通して屋外へ流出することで室内温度を低下させます。 冬、室内の熱が窓ガラスを通して屋外へ流出する割合は全体の「約60%」

冬、エアコン暖房や暖房器具の効きが良くない複数の原因の一つとして、窓ガラスが大きく関係しています。

そこで、窓ガラスにフィルムを施工することで、屋外への室内熱の流出を抑制できます。これにより、室内が暖かく暖房効率が向上し、節電や燃料費の削減に繋がります。

窓ガラスフィルムは夏も冬も活躍

窓ガラスのフィルム施工で夏は涼しく、冬は暖かい室内空間に。
窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り
タイトルとURLをコピーしました