窓ガラスの種類-静岡県浜松市のガラスフィルム施工

窓ガラスの種類-静岡県浜松市のガラスフィルム施工 窓ガラスの種類

窓ガラスの種類

建築物に使われている窓ガラスの種類は以下のタイプがあります。

・フロートガラス(普通の透明ガラス)

・型板ガラス

・網入りガラス

・すりガラス(くもりガラス)

・強化ガラス

・合わせガラス

・熱線吸収板ガラス

・熱線反射ガラス

・複層ガラス(ペアガラス、トリプルガラス)

・Low-Eガラス

建築物と各部屋や空間にマッチする窓ガラスが設置されています。

詳細は関連記事をご参照ください。

【関連記事】

窓ガラスの種類

窓ガラスのLow-Eガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

Low-Eガラスは高い機能性を持つ複層ガラス。価格がアップするものの遮熱性能と断熱性能が高いのがメリット。なおLow-Eガラスにガラスフィルムの施工は要注意。一般の方がLow-Eガラスにガラスフィルムを貼ると熱割れリスクがあります。
窓ガラスの種類

窓ガラスの複層ガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

複層ガラスの中で2枚ガラスはペアガラス、3枚ガラスはトリプルガラスと呼ばれます。複層ガラスの効果は高く、多くの高気密高断熱住宅に設置されています。複層ガラスにガラスフィルムを施工する場合、熱割れのリスクがあるためプロに相談したい。
窓ガラスの種類

窓ガラスの熱線反射ガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

熱線反射ガラスはビルなどに設置されています。窓ガラスが鏡のように周囲の景色が映り込んでいる場合、熱線反射ガラスが設置されているかミラータイプの遮熱フィルムが施工されています。熱線反射ガラスにガラスフィルムの施工は可能?熱割れは?
窓ガラスの種類

窓ガラスの熱線吸収板ガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

熱線吸収板ガラスは昔、使われていた古いタイプのガラス。今や建築物で熱線吸収板ガラスを見かけることは少ないものの、このガラスにガラスフィルムを施工する場合は注意が必要です。ガラスの熱割れリスクを回避するためにもプロに相談したい。
窓ガラスの種類

窓ガラスの合わせガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

合わせガラスと強化ガラスの違いは?どっちが強い?自動車のフロントガラスに標準装備の合わせガラスは複数のメリットがあり、建築物の防犯ガラスとしても使われています。合わせガラス+ガラスフィルム施工で更にガラスの機能性を高めることができます。
窓ガラスの種類

窓ガラスの強化ガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

強化ガラスはフロートガラスより強度が高いものの、意外な弱点もあります。また、強化ガラスはフロートガラスとは異なる独特な割れ方をします。対策として、ガラスフィルムで強化ガラスの弱点を補い、よりガラスの機能性を高めることができます。
窓ガラスの種類

窓ガラスのすりガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

すりガラスはくもりガラスとも呼ばれ、見た目が似ているフロストガラスも使われています。すりガラスは表面強度が低いため、ガラスフィルムを施工するメリットがあります。なお、すりガラスにガラスフィルムを施工する際、注意点があります。
窓ガラスの種類

窓ガラスの網入りガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

窓ガラスの中にワイヤーが入っている網入りガラスとは?そして、建築物に網入りガラスを設置する本当の理由とは?網入りガラスは防犯性能が高い?低い?網入りガラスに建築の窓ガラスフィルムを施工する際の注意ポイント。できればプロに相談したい。
窓ガラスの種類

窓ガラスの型板ガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

凸凹ガラスや凹凸ガラスとも呼ばれる型板ガラスは、プライバシーを確保したい一戸建て住宅や商業ビルなど様々な建築物に使われています。型板ガラスにUVカット&ガラス飛散防止フィルムを貼り付ける際、施工方法は内貼りと外貼りの2種類。
窓ガラスの種類

窓ガラスのフロートガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

透明ガラスや普通ガラスとも呼ばれるフロートガラスは建築物と私たちの生活に無くてはならないガラス。フィルムワークは静岡県浜松市を拠点に窓ガラスフィルム施工業者。フロートガラスにフィルムで機能性や意匠性を与えて快適でおしゃれな空間に。
タイトルとURLをコピーしました