窓ガラスのフロートガラスとは?静岡県浜松市のガラスフィルム施工

建物のフロートガラス 窓ガラスの種類

一戸建て住宅やマンション、店舗、商業ビルには、様々な窓ガラスが使われています。

一般的によく使われている窓ガラスは「フロートガラス」です。

フロートガラスとは?

フロートガラスとは、ごく普通の窓ガラス。透明平滑ガラスや透明ガラスとも呼ばれます。

一戸建て住宅やマンション、店舗、商業ビルなどのほとんどの建築物にはフロートガラスが使われています。

フロートガラスは表面がフラットな平滑面であるのが特徴。

普通のフロートガラスは無色透明ながら、実際は緑がかった色。ガラスの厚みが増すと、ガラスが薄い緑色に見えます。ガラスの断面を見ると、緑色に見えます。

板ガラスの作り方

フロート法

溶融金属(すず)のプールに高熱で溶けたガラスの原料を流し込みます。ガラスの原料と溶融金属(すず)の比重の違いから、ガラスが溶融金属の上に浮かびながらプールの中で広がります。

THE MAKING (8)板ガラス・鏡ができるまで

フロートガラスの用途

フロートガラスの用途は幅広く、一戸建て住宅やマンション、店舗、商業ビル、公共施設、学校、病院、老人ホームなど、この世の多くの建築物の窓にフロートガラスが使われています。

あと、ガラステーブルや食器棚のガラス戸、家具類、水槽などにフロートガラスが使われています。

フロートガラスの厚さ

フロートガラスの厚さはJIS R 3202で定められていて、2mm, 3mm, 4mm, 5mm, 6mm, 8mm, 10mm, 12mm, 15mm, 19mmの10種類。

住宅では、3mm, 4mm, 5mm, 6mmのフロートガラスが多く使われています。

フロートガラスの割れ方

フロートガラスが割れるとクモの巣状にヒビが入り、ガラスの破片が鋭利な凶器と化します。

窓ガラスの飛散防止フィルムで台風や地震の災害被害の低減

誰もがグラスやガラス食器を割ってしまった経験が1度や2度はあるのではないでしょうか。

ガラスが割れると破片が周囲に飛散し、割れたガラス破片は非常に危険です。

このように窓ガラスからガラス食器まで、普通のガラス(フロートガラス)が割れてしまうと危険な凶器と化すデメリットを併せ持ちます。

【関連記事】

フロートガラスにガラスフィルムの施工は可能?

ほとんどのフロートガラスにガラスフィルムの施工ができます。

ガラスフィルムのラインアップは幅広く、遮熱フィルム、遮熱断熱フィルム、防犯フィルム、目隠しプライバシーフィルムなどがあります。

なお、弊社が施工する機能性ガラスフィルムは全て紫外線/UVを99%以上カットできます。更に、台風や地震の災害発生時、ガラス飛散防止効果があります。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました