遮熱フィルムで西日対策/一戸建て,マンション,店舗の暑さ&眩しさ軽減

暑い、眩しい西日対策は遮熱ガラスフィルムで 窓ガラスフィルム-ブログ

西向きの窓ガラスに「ブラインド」や「サンシェード」などを設置することで、確かに西日対策になります。

しかし、窓ガラスの内側や外側に西日を遮る「物」を設置すると、室内が暗くなってしまう欠点があります。また、室内からの眺望が「物」によって遮られてしまいます。

そして、冬季は西日が室内に入らないため、部屋が寒くなります。

では、西日の問題点と生活への影響、そして西日対策をご紹介します。

暑く、眩しい西日

夏季、特に西側の窓ガラスから差し込む西日は眩しく、蒸し暑さを助長させます。そして、冬季の西日は暖かさを感じるものの、夏季と同等かそれ以上に眩しさを感じます。

多くの人が不快に感じることが多い「西日」は、私たちの生活環境を悪化させます。

なぜ西日は不快?

清々しい朝日

季節を問わず、朝日を浴びると清々しい気持ちになります。早起きの方は、犬の散歩などで朝日を浴びながら、一日の始まりにスイッチが入るのではないでしょうか。

朝は一日の中で一番、外気温が下がっているため、朝日は夕日と同様に眩しいものの、夏を除いてあまり暑さを感じません。

夏季の眩しく暑い西日

西日は一年を通して眩しく感じます。

そして夏季、外気温のピークは14:00頃。太陽光の日射熱により、地面と地表の空気が最も熱を持つ時間です。

そして夕方、オレンジ色の眩しい西日が窓ガラスを通して室内に入ってきます。

決して、夕方に太陽光の日射熱が増加するのではありません。

夕方、太陽が位置する角度が低いため、太陽光が視界に入り、室内の奥まで太陽光が入り込みます。よって、夏季は感覚的に西日を暑く感じてしまうのです。

また、夏季は暑さで体力が奪われるため、夕方の西日がキツく感じるという意見もあります。

西日の生活への影響

暑い、眩しい西日対策は遮熱ガラスフィルムで

肌への負担増

夕方、太陽光が浅い角度から室内に入り込んでくるため、建物内の人は紫外線を浴びやすくなります。

紫外線に含まれる紫外線A波/UVAと紫外線B波/UVBは、肌のシミやシワ、たるみ、日焼けの原因になります。

エアコンの負荷増、電気代増

夏季、エアコンが最も高負荷で運転する時間帯は12:00~15:00の間。

そして、浅い角度からじりじりと照りつける西日も室温を上昇させます。よって、夕方もエアコンの負荷が高まります。これは、電気代の増加に直結します。

逆に、冬季の西日は眩しいものの、日射熱で部屋を暖めてくれます。

室内の色褪せや劣化

物の色褪せや劣化の大きな原因は紫外線。

夕方、浅い角度から室内に入り込む西日は室内のフローリングやカーペット、畳、壁紙、家具、調度品、絵画などに悪影響を及ぼします。

内装部材や家具、調度品、絵画などの色褪せによる退色、劣化の大きな原因は紫外線なのです。

二度と購入できない大切な絵画が紫外線の影響で色褪せて退色してしまったら、もはや取り返すことができません。

風水における西日

風水に関しては、気にする方とまったく気にしない方に分かれるのではないでしょうか。風水をまったく気にしない方は、以下の行を読み飛ばしていただいて結構です。

太陽が沈んでいく西方向は、風水的に人が精神的に落ち着く場所。そして、金運と関係がある方位と考えられています。

では、建物の西側の窓から西日をたっぷり入れることで、金運が上がると早合点してしまうかもしれません。

太陽が沈んでいく西日は陰のエネルギーが強く、西日は風水的にはあまり縁起のいいものではありません。

ガラスフィルムで西日対策

暑い、眩しい西日対策は遮熱ガラスフィルムで

冒頭で申し上げたとおり、窓ガラスの内側や外側に太陽光を遮るブラインド、遮光カーテン、サンシェード、すだれなどの「物」を設置するのが一般的な西日対策。

確かに「物」による西日対策は効果があります。

しかし、従来の西日対策は致命的なデメリットもあります。

部屋が暗くなってしまう。

眺望の悪化、喪失。

サンシェードやすだれは台風や強風に弱い。

冬季は窓際に設置した「物」により部屋が寒くなる。

夏季は西日の暑い日射熱を和らげて、冬季はある程度、日射熱を室内に入れることで、1年を通して快適な室内環境を整えることができます。

弊社がご提案する西日対策は、窓ガラスに遮熱ガラスフィルムを施工します。

プロが取り扱うガラスフィルムは多種多様です。それらの中で、太陽光の日射熱を和らげることができるフィルムが遮熱フィルムです。

西日対策の遮熱ガラスフィルム

窓ガラスフィルムの種類

3mm透明フロートガラス(普通のガラス)の遮蔽係数(しゃへいけいすう)は「1.0」

そして、各ガラスフィルムには遮蔽係数が与えられていて、ほとんどが1.0以下です。遮蔽係数の値が小さいほど、遮熱効果が高くなります。つまり、太陽光の日射熱の流入量を抑制しているという意味です。

一例として、3M、NANOシリーズの遮熱ガラスフィルムの中で「NANO80S」という製品があります。この遮熱フィルムの遮蔽係数は「0.65」。

1 – 0.65 = 0.35

3mm透明フロートガラスに遮熱フィルム「NANO80S」を施工することで、日射熱の流入量を35%カットできる計算になります。

実際に数値だけでは「遮熱」のイメージがなかなか湧かないと思います。そこで、弊社はプレゼン用の「遮熱ガラスフィルム体感キット」をご用意しています。

遮熱ガラスフィルム体感キット

遮熱ガラスフィルム体感キット(3M NANO80S施工済)
左右のガラスは5mmフロートガラス。右のガラスに3M遮熱フィルムNANO80S施工済み。

遮熱ガラスフィルム体感キットに、2枚の「5mmフロートガラス」と2個の「40W白熱電球」がセットされています。

40Wの白熱電球は「太陽光」、フロートガラスは「家の窓ガラス」に置き換えてイメージしてください。

【Before】はフロートガラスのみ。

【After】はフロートガラスに3M遮熱フィルムNANO80Sを施工済み。

左右のフロートガラスに手を近づけると、明らかに手に伝わってくる熱の違いを体感できます。

Before

遮熱ガラスフィルム体感キット(3M NANO80S未施工)
【Before】5mmフロートガラス(3M NANO80S未施工)

【Before】は5mmフロートガラスのみ。3M遮熱ガラスフィルムNANO80Sは未施工。

ガラスに手をかざすと、40W白熱電球の熱がガラスを通して伝わってきます。

After

遮熱ガラスフィルム体感キット(3M NANO80S施工済)
【After】5mmフロートガラス(3M NANO80S施工済)

【After】は5mmフロートガラスに3M遮熱ガラスフィルムNANO80Sを施工済み。

ガラスに手をかざすと、40W白熱電球の熱がBeforeほど伝わってきません。

しっかり採光、しっかり遮熱

3M遮熱ガラスフィルムNANO80Sはバランスがいいフィルム。

実際、窓ガラスに3M、NANO80Sを施工後、室内の明るさの変化はまったくと言っていいほど分かりません。

つまり、3M、NANO80Sは部屋の明るさをきちんと確保しながらも、太陽光/西日の日射熱を抑制できる性能を持っているということになります。

3M、遮熱ガラスフィルム

3M 窓ガラスフィルム

3Mは遮熱フィルムのラインアップが幅広く充実しています。

遮熱ガラスフィルムの特徴として、可視光線透過率が低いフィルムほど、遮熱効果が高くなります。

遮熱NANOシリーズ

3M遮熱ガラスフィルムNANOシリーズ、可視光線透過率ポジショニングイメージ

NANO40S

NANO40SはNanoシリーズの中で最も遮熱効果が高く、眩しさを軽減できる遮熱ガラスフィルムです。

NANO40Sの可視光線透過率は「39%」、紫外線透過率は「0.0%」。

NANO40Sを施工後、透明フロートガラスと比較してフィルムの色が分かります。

NANO70S

NANO70SはNANO40Sの次に遮熱効果が得られる遮熱ガラスフィルムです。

NANO70Sの可視光線透過率は「69%」、紫外線透過率は「0.0%」。

NANO70Sを施工後、部屋の暗さをほとんど感じません。

NANO80S

NANO80SはNanoシリーズの中で一番バランスが良く、遮熱性能と透明性が両立している遮熱ガラスフィルムです。

NANO80Sの可視光線透過率は「81%」、紫外線透過率は「0.0%」。

NANO80Sを施工後、部屋の暗さをまったく感じません。

NANO90S

NANO90SはNANO80Sより透明度が高く、熱割れが心配なガラスに施工することがあります。

NANO90Sの可視光線透過率は「88%」、紫外線透過率は「0.0%」。

NANO90Sを施工後、部屋の暗さをまったく感じません。

遮熱スモーク、クリア

スモーク35、スモーク20、スモーク5、IR65、ニュートラル70、ニュートラル50、ピュアリフレ87、ピュアリフレ75

遮熱ミラー

ニュートラル35、ニュートラル20、シルバー18、ライトニッケル50、アンバー35、シルバー35

遮熱プライバシー

NV35, NV25, NV15, シルバースモーク20、シルバースモーク5、シルバーブルー10、シルバーグリーン15、ニュートラルグリーン30

西日対策のまとめ

僭越ながら、弊社は西日対策の中で、遮熱ガラスフィルムの施工が最強の方法ではないかと考えます。

なぜなら、各遮熱ガラスフィルムには遮蔽係数という値が表示されているため、理論的で効果が確実なのです。

西日対策のまとめとして、遮熱ガラスフィルムは以下のメリットがあります。

遮熱効果が確実

紫外線を99%以上カット

台風の強風による飛来物からのガラス飛散防止

遮熱フィルムで確実な西日の遮熱効果が得られ、紫外線対策とガラス飛散防止機能が自動的に付いてくるのは嬉しいですね。

【関連記事】

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました