窓ガラスの日よけサンシェードをベランダや庭に取り付けると効果的?

サンシェード 窓ガラス 住宅 窓ガラスフィルム-ブログ

昔から日本で「簾(すだれ)」や「葦簀(よしず)」は日よけとして使われてきました。これらは、真夏の直射日光や眩しい西日を和らげるための日よけとして、日本文化の1つ。

そして、化学繊維のサンシェードは色と柄のバリエーションが豊富で機能性も高いのが特徴。ライフスタイルにおしゃれ感をプラスすることができます。

これらの日除け、サンシェードの種類と特徴、効果についてまとめてみたいと思います。

サンシェード、日よけの種類

日除け、サンシェードは大きく簾(すだれ)、葦簀(よしず)、化学繊維製サンシェードの3種類あります。

簾(すだれ)

すだれ(簾)
すだれ(簾)

すだれ(簾)の材料は竹や葦(よし)。これらを糸で編み上げたものが日よけとして使われています。

一般的に、すだれは地面に対して平行に、窓枠の上から垂らして使われることが多い日よけ。

すだれは、室内と室外のどちらでも取り付けができるものの、室外に設置するケースの方が多いのではないでしょうか。

すだれの材料は自然素材であるため、太陽光を受けても熱を持ちにくく、プラスチック製のすだれより効果が高いと言われます。

デメリット

すだれのデメリットとして、自然素材のため耐久性の面では劣り、太陽光をかなり遮るため室内がやや暗くなってしまいます。また、強風に弱い弱点があります。

よしず(葦簀)

よしず(葦簀)
よしず(葦簀)

よしず(葦簀)の材料は葦(あし)。よしずはすだれに比べてサイズが大きく、立てかけて使われます。

マンションでは風の問題があり、ベランダによしずの設置は難しいものの、一戸建てや和風の飲食店でよしずが使われている光景を目にします。

夏日、よしずに水をかけることで、より涼しさを体感でき、昔ながらの風情がある日本の暑さ対策の1つです。

デメリット

よしずのデメリットとして、自然素材のため耐久性の面では劣り、太陽光をかなり遮るため室内がやや暗くなってしまいます。また、強風に弱い弱点があります。

また、よしずは幅が1.8mから2.7m、高さが2mから3mに達する製品もあり、保管場所の確保が必要です。

化学繊維製サンシェード

サンシェード 窓ガラス 住宅
化学繊維製サンシェード

化学繊維製サンシェードは軽く、折り畳みができて収納もコンパクト。雨に強く、自然素材より耐久性があります。

新しい住宅地では簾(すだれ)や葦簀(よしず)より、化学繊維のサンシェードを多く見かけます。比較的、若い世代はサンシェードの色や柄選びが、ライフスタイルを演出する1つなのでしょう。

デメリット

化学繊維製サンシェードのデメリットとして、これも強風に強いとは言い難く、しっかりした取り付けが必要とされます。また、UV/紫外線カット率が高いサンシェードほど、室内が暗くなってしまいます。

サンシェード、日よけの効果

サンシェード、日よけは太陽光を遮ることで影を作り、眩しさと暑さを和らげるのが目的の製品。サンシェード、日よけが太陽光を受けて熱を持ち、放熱する役割もあります。

特に、夏季は室内のレースカーテンやブラインドが太陽光を受けて熱を持ち、それが室内の温度上昇に拍車をかけてしまいます。それを考えますと、室外側にサンシェード、日よけを設置する方が上手い具合に遮熱する効果があると言えます。

サンシェード、日よけのデメリット

サンシェード、日よけは紐やロープを使い簡易的に設置されます。よしずは窓に立てかけるのが基本です。

よって、これらの日よけは強風に弱いという弱点があります。天気予報で台風の上陸が予想される場合、予めサンシェード、日よけを撤去する必要があります。

また、サンシェードや日よけは、それ自身が太陽光を受けて日陰をつくるのが目的の製品です。特に、UV/紫外線カット効果が高められている化学繊維のサンシェードほど遮光性が高く、室内が暗くなりがち。

また、すだれやよしず、化学繊維製サンシェードに共通する難点として、眺望が遮られてしまいます。ややもすると、室内に閉塞感が漂う傾向があります。

そこで、太陽の日射熱を和らげて、尚且つ室内の明るさと眺望を確保するためには窓ガラスにガラスフィルムを貼る方法があります。

遮熱フィルムを選択肢に入れてみる

すだれやよしず、化学繊維製サンシェードは主に建物の南側と西側に設置することが多いと思います。この南側と西側の窓ガラスにガラスフィルム、遮熱フィルムを貼り付けるのも対策の1つ。

遮熱フィルムは窓ガラスの内側(室内側)に強力な粘着剤で貼り付けるため、当然、強風の影響をまったく受けません。遮熱フィルムは365日機能し、メンテナンスは不要。遮熱フィルムには次の効果があります。

・室内の明るさはほとんど変わらない。

・紫外線を99%以上カット

・暑さを和らげる効果

・眺望が良好

・窓ガラスの飛散防止効果

お客さんが集まる飲食店の場合、お店によってはガラス越しの眺望の確保も経営上、大切なポイントではないでしょうか。

お店の周囲や駐車場に植物が植えられている場合、お客さんにとって窓越しの景色もごちそうの1つ。花や植物の佇まいがより一層、ムードを高めてくれます。

遮熱フィルムには、外から室内が見えにくく、室内から外が良く見える機能性フィルムもあります。

遮熱フィルムを貼ることで、夏季のエアコン効率の向上も期待できます。これは、電気代の削減にも繋がる、嬉しい経営上の副産物と言えます。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました