ブラインドとロールスクリーンのメリット,デメリットはこれだ!

ブラインドのスラット角度で部屋を暖かく。 窓ガラスフィルム-ブログ
この記事は約6分で読めます。

すっきりしたデザインのブラインドはフローリングの洋室やオフィス、飲食店などで多く使われています。

ブラインドは簡単に調光ができるメリットがあり、通風性に優れています。

ブラインドのスラットと呼ばれる羽根の材質は主にアルミ製、木製、竹製があります。また、ロールスクリーンもおしゃれで便利なアイテム。

これらの特徴とメリット、デメリットについてまとめてみたいと思います。

ブラインドのメリット、デメリット

ブラインドのスラット(羽根)素材に違いはあるものの、ブラインドに共通するメリットとデメリットがあります。ブラインドを設置する部屋と窓によっては、デメリットは大した問題ではない場合もあります。

メリット

・スタイリッシュ

・調光が簡単

・目隠しが簡単

・通気性に優れる

デメリット

・断熱性が低い

・遮音性が低い

・スラットの掃除が必要

ブラインドの使い方

ブラインドは「採光の調節」と「目隠し対策」「通風」に強みを持っています。ブラインドはこれらの特徴を生かしたい部屋に向いています。

そして、特に断熱性能を求める場合、他の商品を選ぶことになります。

ブラインドの種類

アルミ製ブラインド

ブラインドのスラット角度で部屋を暖かく。

ブラインドの中で一番多く使われているタイプはアルミ製スラットのブラインド。

メリット

・手頃な価格でコスパが高い

・全閉時もコンパクト

・カラーの選択肢が多い

デメリット

・ホコリが付きやすい

・アルミ製スラットは変形しやすい

プラスチックブラインド

アルミ製ブラインドのコストダウンが図られたタイプがプラスチックブラインド。プラスチック製スラットはアルミ製より明らかにコストダウンが可能なのが理解できます。

スラットの素材はPVC(ポリ塩化ビニル)などが使われています。PVCはアルミより耐久性が劣るため、プラスチックブラインドは賃貸物件などで短期的な使用に向いています。

メリット

・アルミ製より手頃な価格

・全閉時もコンパクト

・スラットが軽くて操作しやすい

・木目調のスラットもある

デメリット

・アルミ製より耐久性が低い

→プラスチックは紫外線に弱く、劣化が進む。

・ホコリが付きやすい

木製ブラインド

木製ブラインド

木製ブラインド/ウッドブラインドは温かみのある質感が特徴です。窓際に木が持つ高い質感と温かみを求める方にマッチします。

メリット

・スラットの質感が高い

・重厚感がある

・温かみがある

・スラットが折れ曲がらない

デメリット

・アルミ製に比べて遮光性に劣る

・重量が重い(操作が重い)

・水回りには不適

・アルミ製より高価

竹製ブラインド

メリット

・竹独特の風合いがある

・木製ブラインドより軽い

・木製より弾力性があり強い

デメリット

・アルミ製に比べて遮光性に劣る

・水回りには不適

・アルミ製より高価

ブラインドは店舗購入がおすすめ

通販で手軽にブラインドを購入できます。しかし、通販サイトの写真だけでは、アルミ製スラットの色味、木製と竹製スラットの色味と風合いが現物とは異なる場合があります。

通販業者は商品の撮影後、写真が実物の色味にできるだけ近づくように明るさや色の補正を行います。しかし、パソコンモニターは1台1台、解像度と発色が異なるため、現物の色味を100%表現することはできません。

ブラインドは長期的に使用するもの。失敗のないように、店舗で現物を確認してからの購入をお勧めします。

ロールスクリーン

ロールスクリーン

ロールスクリーンはロールカーテンとも呼ばれ、窓際のみならず、室内空間を区切るパーティションや目隠しの用途としても使われています。

メリット

・フラットなデザイン

・スッキリ収納できる

・生地の色や柄、デザインが豊富

デメリット

・サイズ制限がある

・遮音性や断熱性、遮光性が低い

・厚い生地が使えない

ロールスクリーンに厚手のカーテンのような性能を求めることはできないものの、スッキリしたデザインでドアが無いクローゼットなどにピッタリです。

また、一戸建ての階段にロールスクリーンを設置することで、冬季、1階の暖かい空気が2階へ逃げないようにすることができます。

ロールスクリーンも店舗購入がおすすめ

通販で手軽にロールスクリーンを購入できます。しかし、通販サイトの写真だけでは、生地の色味と風合いが現物とは異なる場合があります。

ロールスクリーンも長期的に使用するもの。失敗のないように、店舗で現物を確認してから購入したいものです。

ガラスフィルムという選択肢

窓ガラスフィルムの種類

窓ガラスにガラスフィルムを貼り付けることで、窓ガラスに様々な機能を加えることができます。

ガラスフィルムのラインアップは幅広く、ライフスタイルや目的に応じて自由に選ぶことができます。

ガラスフィルムにはこのような機能があります。

紫外線/UVを99%以上カット

プロが施工するガラスフィルムの全ては紫外線(UV)を99%以上カットできます。

これにより、肌の日焼けやしみ、しわを予防する効果があります。更に、室内の床や畳、壁紙、調度品の退色や劣化を軽減できます。

日射熱の抑制

ガラスフィルムにより、太陽光の暑い日射熱の流入を抑制し、夏のエアコン効率が向上します。また、日差しを和らげて、室内を適度な明るさに調整できます。

プライバシー保護

ガラスフィルムの中には、外から室内が見えない、あるいは見えにくく、室内から外が良く見える機能性フィルムもあります。

ガラス飛散防止

近年、日本に上陸する台風が大型化し、各地で飛来物の直撃によるガラス飛散が報告されています。窓ガラスが割れると一瞬で凶器と化し、ケガや二次被害の危険性があります。

プロが施工するガラスフィルムは全てガラス飛散を防止する効果があります。これにより、ケガのリスクを大幅に軽減できます。

他にも、遮熱・断熱性能を持つガラスフィルム、防犯フィルム、防虫フィルム、そして、ガラスのある空間をおしゃれに演出できる意匠性ガラスフィルムもあります。

一旦、窓ガラスにガラスフィルムを施工すれば、フィルムが365日機能します。メンテナンスが不要なのも嬉しいですね。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がけるHigh Groveの「フィルムワーク」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました