ハニカムシェード,スクリーン,ブラインドのメリット&デメリット

ハニカムシェード 窓ガラスフィルム-ブログ

住宅の窓に取り付けるハニカムシェードはハニカムスクリーンやハニカムブラインドとも呼ばれます。

このハニカム(Honeycomb)は蜂の巣を意味します。ご存知、正六角形(正六角柱)をキレイに並べた構造をハニカムと呼びます。

ニトリや他のメーカーからもハニカムシェードが販売されていて、気になるアイテム。

そこで、ハニカムシェードの特徴、そしてメリットとデメリットを解説します。

ハニカムシェードの特徴

ハニカムシェードの特徴として、本体に断熱効果があり、プライバシーの保護対策ができます。

夏季、ハニカムシェードの六角形の空気層が断熱効果を発揮し、室内に流入する日射熱を和らげます。

そして冬季、ハニカムシェードの空気層が断熱効果を発揮し、窓から室内に流入してくる冷気を和らげてくれます。

ハニカムシェードは夏も冬も断熱効果を発揮してくれます。

メリット

・六角柱の空気層が断熱効果を発揮

・採光、遮光、非遮光タイプから選べる

・夏の眩しい太陽光を和らげる

・冷暖房効率がアップ

・プライバシーを保護できる

デメリット

・眺望がゼロになる

・若干、室内が暗くなる

・窓が結露しやすい

ハニカムシェードを考察

一条工務店のi-smartの家にはハニカムシェードが設置されています。超が付くほど有名なハウスメーカーがハニカムシェードを採用、または、オプションで用意しているのは理由があるからでしょう。

確かに、ハニカムシェードは窓際の断熱性能を高めることができ、夏の冷房効率、そして、冬の暖房効率のアップに繋がります。これによる節電効果が無視できないのかもしれません。

しかし、当ブログの管理人の意見として、ハニカムシェードにより、眺望がゼロになってしまうのが致命的な欠点なのではと思います。

ハニカムシェードにより、あたかも窓が障子を閉めたような状態になってしまうのです。

窓には「採光、眺望、通風」という建築物にとって大切な役割があります。建築物の窓からの眺望は大切な要素。

ペアガラスの掃き出し窓

樹脂サッシ

ペアガラスがセットされた掃き出し窓の「採光、眺望、通風」性能を5段階でイメージ評価すると、このようになります。

【採光】★★★★★

【眺望】★★★★★

【通風】★★★★★

ペアガラスの掃き出し窓+ハニカムシェード

ペアガラスがセットされた掃き出し窓 + ハニカムシェードを設置すると、「採光、眺望、通風」性能はこのようなイメージ評価になります。

【採光】★★★☆☆

【眺望】☆☆☆☆☆

【通風】★★★★★

物事には、必ずメリットとデメリットの相反する二律背反の要素が含まれています。

ハニカムシェードにより、断熱効果は期待できるものの、眺望がゼロになってしまいます。これをどのように捉えるかは人それぞれ。

ただ、ハニカムシェードにより、失うものがあまりにも大きいと考えることもできるのではないでしょうか。

窓ガラスフィルムの遮熱断熱性能

窓ガラスフィルムの種類

ここで、窓ガラスに施工する窓用ガラスフィルムについて考えてみます。

窓ガラスに「遮熱断熱フィルム」を施工すると、5段階のイメージ評価はこのようになります。

【採光】★★★★★ ~ ★★★☆☆

【眺望】★★★★★ ~ ★★★★☆

【通風】★★★★★

遮熱断熱フィルムの種類により、可視光線透過率が異なります。

遮熱断熱フィルムの色味がほぼ透明タイプの場合、窓の採光と眺望は5つ星「★★★★★」です。肉眼でフィルムはほぼ透明に見えます。

そして、遮熱断熱フィルムの色味が濃いタイプほど、可視光線透過率が低下します。ガラスに若干、色が付いたように見えます。

その反面、熱貫流率(W/m2・K)の値が小さくなり、断熱効果が高まります。

遮熱断熱フィルムの中には、熱貫流率が「4.3W/m2・K」というタイプがあります。

例えば、単板フロートガラスに熱貫流率「4.3」のフィルムを施工すると、計算上、ペアガラス+アルミサッシ以上の断熱性能が得られます。

まとめ

ハニカムシェードは断熱性能がPRされているものの、目隠しができる断熱タイプのシェードと捉えるのが適切かもしれません。

そして、生活の中で窓からの「眺望」を大切に考える方は、遮熱断熱フィルムも選択肢の一つ。遮熱断熱フィルムは理論的な製品であり、フィルム毎に可視光線透過率や熱貫流率が数値で表示されています。

建築物の最大の弱点は「窓」。

窓に更なる機能を加えることで、今以上に安全で安心、快適な室内空間を整えることができます。

【関連記事】

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました