南向きの窓ガラスにおすすめのフィルムは遮光フィルム?断熱フィルム?

ダイニングルームの窓ガラスにガラスフィルムを施工 窓ガラスフィルム-ブログ

南向きの窓ガラスが設置されている室内で、建物の立地条件や階数によって、次のように感じることはありませんか?

(1)夏季、太陽光の日射熱で室内が暑い

(2)冬季、太陽光の日射熱で室内が暖かい

(3)外から室内が丸見え

(1)と(2)は表裏一体の関係にあります。

冬季は太陽光の日射熱が南向きの窓から室内に入り込み、室内が暖かくなります。太陽光の日射熱は無料の暖房です。

しかし、夏季は室内が暑くなります。南向きの窓は、冬においてメリットがあるものの、反対に夏はデメリットになります。

そして、建物の南側が道路に面していると、歩行者や車両からの視線が気になる場合が多々あります。このように、南向きの窓はメリットとデメリットの両方を抱えています。

そこで、窓ガラスフィルムでデメリットを解決する方法を解説します。

南向きの窓ガラスに遮熱フィルムを施工

リビングルームの窓ガラスにガラスフィルムを施工

建物の立地条件と階数によっては、夏の強い日差しが南向きの窓ガラスを通して室温を上げてしまいます。対策として、窓ガラスに遮熱フィルムを施工する方法があります。

※個人ブログ等で「遮光フィルム」、あるいは「遮熱フィルム」という言葉が入り混じっています。太陽光の日射熱を抑制するという意味では「遮熱フィルム」が正しい表現です。

施工可能な窓ガラス用、遮光/遮熱フィルムの一例として次が挙げられます。

3MTM NANOシリーズ

3M 窓ガラスフィルム

3MTMのNANOシリーズの窓ガラスフィルムはトップクラスの遮熱性能を誇ります。

3MTMの白熱電球を用いたテストでは、「フィルム無し」と「NANO80S施工済み」ガラスを比較すると、最大の温度差は「7.3℃」。

3M(TM) スコッチティント(TM) ウインドウフィルム 遮熱効果

・NANO80S

・NANO70S

・NANO40S

・NANO90S

サンゲツ GFシリーズ

sangetsu/サンゲツ 窓ガラスフィルム

サンゲツのGFシリーズは高透明遮熱フィルムからプライバシー保護の機能を持つ遮熱フィルムまでラインアップが充実しています。

・GF-206

・GF-101

・GF-102

・GF-106

・GF-108

・GF-110

・GF-111

・GF-112

・GF-113

・GF-114

GLAFIL RSP, NSシリーズ

GLAFIL/グラフィル 窓ガラスフィルム

GLAFIL/グラフィルの窓ガラスフィルムでRSPとNSシリーズの中には遮熱フィルムがあります。

・RSP15

・RSP35

・NS60

・NS70

遮熱フィルムはニーズが多く、様々な建物に施工されています。

マンションの場合、角部屋と最上階を除き、冬でも室温が下がりにくい傾向があります。マンションの部屋は上下左右が部屋で囲まれているため、真冬でも室内は比較的、暖かい傾向があります。

よって、

・マンションの部屋が南向き

・夏、窓ガラスからの日射熱で暑さを感じる

・夏、西日が眩しく、暑い

以上の場合、遮熱フィルムで快適な室内環境を整えることができます。

遮熱フィルムは万能ではない

ここでご注意いただきたいのは、この世の全ての南向きの窓ガラスに遮熱フィルムを施工すればいいという訳ではありません。

例えば、一戸建て住宅はマンションとは異なり、建物の外壁と窓ガラスが全て外気にさらされています。一戸建て住宅はマンションより冬季の寒さ対策が大切なのです。

そこで、一戸建て住宅の場合、南向きの窓ガラスに断熱フィルムを施工するのも選択肢の一つです。

一戸建て、南向きの窓ガラスに遮熱断熱フィルムを施工

一戸建ての南向き窓ガラスに遮熱断熱フィルムを施工

太陽の日射熱は非常に強いエネルギーを持っています。

地上に届く太陽光線は「紫外線」、「可視光線」、「赤外線(IR : Infrared)」の3つに分けることができます。これらの中で、熱線とも呼ばれる赤外線(IR)のエネルギーは非常に強く、対象物に熱を与えます。

例えば、次のような条件でしたら、午前中の暖房器具の使用は2~3時間程度で済むことがあります。

・冬季

・外気温:5~10℃

・快晴

・南向きの窓ガラス

・日当たり良好物件

冷えている室内が暖房器具によって暖まり、壁や天井、床、調度品も熱を帯びてきます。そして、太陽の日射熱(赤外線)が南向きの窓ガラスから室内に流入し、更に室内は暖まります。

冬季、太陽光の日射熱(赤外線)は無料の暖房。この熱を有効利用することで、室内を快適に保つことができます。

そこで、一戸建ての南向きの窓ガラスに遮熱断熱フィルムを施工して、断熱効果を高める方法があります。

施工可能な窓ガラス用、遮熱断熱フィルムの一例として次が挙げられます。

3MTM LOW-Eシリーズ

3M 窓ガラスフィルム

3MTMのLOW-Eシリーズは遮熱と断熱の両方の機能を持つ遮熱断熱フィルム。

・LOW-E70クリアー

・LOW-E20シルバー

住友理工 リフレシャインTWシリーズ

住友理工の遮光断熱フィルム、リフレシャイン

住友理工のリフレシャインも遮熱と断熱の両方の機能を持つ遮熱断熱フィルム。

・TW-32

・TW-36A

GLAFIL/グラフィル

GLAFIL/グラフィル 窓ガラスフィルム

GLAFIL/グラフィルのRSP35LEとNS70LEも遮熱と断熱の両方の機能を持つ遮熱断熱フィルム。

・RSP35LEシルバー

・NS70LEクリア

GLAFIL/グラフィルRSP35LEの熱貫流率(U値)は「4.3Wm2K」。3mm厚のフロートガラスの熱貫流率は「6.0 Wm2K」のため、数値上、明らかに断熱効果が得られることが分かります。

3mm厚のフロートガラスにグラフィルRSP35LEを施工すると、「ペアガラス+アルミサッシ」に相当する暖かさとなります。

熱貫流率については以下の関連記事をご参照ください。

[関連記事]

遮熱フィルムと遮熱断熱フィルムの使い分け

以上のように、建築物の種類や立地条件、階数、窓ガラスの設置場所、日当たり条件等の諸条件により、マッチするガラスフィルムが異なります。

諸条件を考慮し、遮熱フィルムと遮熱断熱フィルムを使い分けることで、より快適な室内空間を整えることができます。

どちらのガラスフィルムが適切なのかは、建物と窓ガラスの設置条件などによってケースバイケース。

そして、外からの視線が気になる場合、プライバシー保護のガラスフィルムなども合わせて検討されるのも選択肢に幅が出てきます。

弊社は現地調査の上、窓ガラスと設置環境にマッチするガラスフィルムをご提案しています。

[関連記事]

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました