窓ガラスフィルム/紫外線カットフィルムで紫外線をカットする仕組み

太陽光の紫外線(紫外線A波/UVA、紫外線B波/UVB) 窓ガラスフィルム-ブログ

窓ガラスに厚さわずか50μm(0.05mm)ほどのガラスフィルムを施工するだけで、紫外線のUV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)を99%以上カットできます。

このメカニズムとガラスフィルムの構造について解説します。

窓ガラスフィルムで紫外線カットできる構造と仕組み

遮熱、断熱フィルムや飛散防止フィルム、グラデーションフィルムなどのフィルムの厚さは50μm(マイクロメーター)ほど。代表的なガラスフィルムの厚さは、新聞紙の厚さ(約50μm)とほぼ同じです。

窓ガラスに新聞紙程度の薄いフィルムを貼るだけで、紫外線を99%以上カットできる仕組みがこちら。

ガラスフィルムの構造と紫外線カットできる仕組み
窓ガラスとガラスフィルムの断面図

※ガラスフィルムの構造を理解しやすくするため、上図ではフィルム断面を拡大して表示しています。

ガラスフィルムの構造

ガラスフィルムは以下の構造になっています。

・セパレーター(接着面保護シート)
・透明粘着剤
・高透明PETフィルム
・層間接着剤
・ハードコート

セパレーター

ガラスフィルムの施工時、職人がセパレーターを剥がして窓ガラスにフィルムを貼り付けます。

透明粘着剤

透明粘着剤はガラスにフィルムを接着させる役割と紫外線カットの2つの役割があります。

透明粘着剤には、フィルム基材を保護するための紫外線処理剤が配合されています。窓ガラスにフィルムを貼るだけで、紫外線をカットすることができます。

高透明PETフィルム

高透明PETフィルムはガラスフィルムの基材。素材はPETと呼ばれるポリエチレンテレフタレート。身近なペットボトルもPETで作られています。

ガラスフィルムの種類によって、高透明PETフィルムに様々な機能が与えられています。

層間接着剤

層間接着剤は高透明PETフィルムとハードコートを接着させる役割があります。

ハードコート

ハードコートはフィルム表面に傷が付きにくくする役割があります。

※フィルムの種類によってはハードコート層がありません。

ガラスフィルムが紫外線をカットする仕組み

ガラスフィルムの構造と紫外線カットできる仕組み
窓ガラスとガラスフィルムの断面図

太陽光の紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)が窓ガラスに当たります。UVBはある程度ガラスに吸収され、UV-Aは透明粘着剤で吸収されます。

結果として、紫外線の99%以上をカットできるのです。

他の遮熱フィルムや貫通防止フィルム、目隠しフィルムは以上の基本構造に加えて、材質構成の変更や多層構造、特殊な表面加工により作られます。

[関連記事]

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました