なぜ脱毛中は日焼け厳禁?日焼け止めが必要?紫外線対策が大切な理由

脱毛処理 窓ガラスフィルム-ブログ
この記事は約6分で読めます。

今や女性にとって、医療脱毛クリニックや脱毛サロンは身近な存在ではないでしょうか?男性もヒゲ脱毛をメインに脱毛処理を進めている方が大勢います。

この背景として、ムダ毛処理は手間がかかり、時代の空気感として脱ムダ毛がトレンド。ヒゲが濃い男性の場合、毎朝の髭剃りに手間がかかり、青ヒゲで悩んでいる方が少なくありません。

女性はムダ毛対策、男性は主に濃いヒゲ対策として、脱毛処理を選ぶ方が増加傾向にあります。

この脱毛処理が完了するまで年数が必要です。医療脱毛クリニックを選択すると、脱毛完了まで1~2年が目安ではないでしょうか。そして、脱毛サロンでは2~4年が完了の目安。

どちらで脱毛を進めるにしても、脱毛の開始から完了まで1~4年の長い期間がかかります。その期間中に注意したいことは、太陽光の紫外線による日焼け。

脱毛中の方でしたら、医療脱毛クリニックや脱毛サロンで紫外線について説明を受けているはずです。では、脱毛と紫外線による日焼けの関係と注意点について解説します。

脱毛と日焼け(紫外線)の関係

女性の両足

医療脱毛クリニック

医療脱毛クリニックでは、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーなどの医療レーザー脱毛器を使用します。

医療脱毛は脱毛サロンでの処理より痛みを感じる傾向があるものの、少ない回数で脱毛が完了します。

脱毛サロン

そして、脱毛サロンは光脱毛機器を使用します。

脱毛サロンは医療脱毛クリニックでの処理より痛みを感じにくい傾向があります。もちろん、脱毛サロンが使用する機器は医療用ではないため、足繁くサロンに通う必要があります。

脱毛のキーワードはメラニン色素

脱毛処理の経験がある方はご存知ながら、これらの脱毛機器は肌にレーザー、または光を照射します。

施術中、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して熱が発生します。この熱が毛根細胞に刺激を与えて脱毛を促進させます。

脱毛のキーワードは「メラニン色素」。

脱毛中、日焼けすると…

太陽光の紫外線を浴びると、人によって程度の違いはあれど日焼けします。肌が赤く火照ったり、メラニンを生成して肌が黒く変化します。

太陽光の紫外線による日焼けは肌のやけど状態。

脱毛機器が照射するレーザーや光は毛の黒いメラニン色素に反応します。日焼けした肌には施術不可に。施術を断られる場合があります。

→ 日焼けした肌への施術は肌荒れや赤み、炎症の原因に。

日焼けがおさまるまで、脱毛処理の休止期間が必要。

脱毛処理の長期化。

脱毛処理は年数がかかるのに、日焼けしてしまうと完了まで更なる月数が必要になってしまいます。

このような理由があり、脱毛期間中は太陽光の紫外線による日焼けはNG!、または厳しく厳禁!とされていることが多いのです。

紫外線対策

サングラス Sun Glasses

脱毛期間中、なるべく紫外線を浴びないような日焼け対策が望まれます。

・帽子の着用

・長袖シャツの着用

・日傘の利用(主に女性)

・アームカバーの使用(主に女性)

・サングラスの着用

・日焼け止めの使用

・マスクの着用

ここで、脱毛期間中の休日は、なるべく室内で過ごした方がいいのでは?とお思いの方がいるかもしれません。

しかし、脱毛期間は短くても医療脱毛クリニックに通うと1年ほど。脱毛サロンでは2~3年ほど。

この長い期間中、アウトドアを避けてインドア生活に・・といったライフスタイルの変更は現実的ではありません。

しかも、室内にいるからといって、紫外線はゼロではないのです。実は、これは盲点ながら、紫外線は室内にも入り込んでいるのです。

紫外線は室内にも入り込む

カーテン

室内や日陰にいれば、肌が紫外線の影響を受けないとお思いの方が大多数ではないでしょうか。

実は、紫外線は建物や道路によって乱反射しているため、室内や日陰にいても肌は紫外線を浴びています。直射日光を浴びるよりは紫外線量は少ないものの、程度の違いなのです。

曇りや雨の日でも、地表に紫外線が照射されています。

紫外線量イメージ

この証拠として、窓際の床やカーペット、畳、調度品、家具などが日焼けして退色し、徐々に劣化していきます。窓際の物は確実に紫外線を浴びているのです。

では、紫外線対策の一つとして、脱毛期間中は室内にいても日焼け止めが必要なのでしょうか。

皮膚科の医師の中には、室内でも日焼け止めの積極的な使用を推奨しています。皮膚科の医師が執筆している複数の書籍によりますと、「紫外線は百害あって一利なし」の見解で一致しています。

確かに、室内にいる時も、肌に日焼け止めを塗れば理想的です。しかし、なかなか現実的には難しいのではないでしょうか。

肌にコスメ類を塗る習慣がない男性にとって、室内における日焼け止めの使用はハードルが高く感じるのではないでしょうか。

そこで、根本的な室内の紫外線対策として、窓ガラスに紫外線/UVカットフィルムを施工する方法があります。

UVカットフィルムが紫外線を99%以上カット

ガラスフィルムで紫外線を99%以上カット

プロが使用するUVカットガラスフィルムの厚さは、わずか50μm。これは、髪の毛1本分と同等です。

この薄いフィルムが紫外線に含まれる「紫外線A波(UVA)」と「紫外線B波(UVB)」を99%以上カットできます。

UVカットフィルムの仕組み

ガラスフィルムの構造と紫外線カットできる仕組み

紫外線A波と紫外線B波はガラスフィルムの透明粘着剤によって吸収されます。(紫外線B波はガラスによりある程度吸収されます。)

ガラスフィルムが両紫外線を99%以上カットします。

UVカットフィルムのメリット

窓ガラスフィルムの種類

・紫外線/UVを99%以上カット

紫外線の紫外線A波/UVAと紫外線B波/UVB

UVカットフィルムが紫外線を99%以上カットすることで、肌の日焼けを抑制できます。更に、光老化と言われる肌のシミやシワ、たるみを抑制できます。

同時に、窓際のフローリングやカーペット、畳、家具、調度品などの日焼けによる退色や劣化を抑制できます。

・ガラス飛散防止

近年、日本に上陸する台風が巨大化し、各地で深刻な被害が報告されています。強風による飛来物が窓ガラスを直撃し、ガラス飛散の事故が各地で報告されています。

割れたガラスの破片は凶器と化し、二次被害の危険性もあります。

飛来物により窓ガラスが割れても、UVカットフィルムがガラスをしっかり保持します。これにより、ガラスの飛散を防止できます。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がけるHigh Groveの「フィルムワーク」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました