大島てるの絶対に借りてはいけない買ってはいけない事故物件とは?

大島てる-事故物件、心理的瑕疵物件とは? 窓ガラスフィルム-ブログ
この記事は約5分で読めます。

不動産の賃貸物件と中古物件に付きものである「事故物件」。不動産の「事故物件」という言葉から、得も言われぬ重苦しい響きが伝わってきます。

不動産の事故物件とは、過去において建築物の建物内や土地で何らかの事故が発生した物件。あるいは、現在もなお何らかの問題を引きずっている物件を意味します。

いわゆる、いわく付きの物件。

この手の話題が持ち上がると、「そんなのは非科学的」と一刀両断する理論派の方もいれば、「傾聴に値する」と考える方もいます。

あなたは、どちらですか?

人は建物の中で「オギャー」という産声を発して、この世に誕生します。そしていつか、事故死は別として、人は建物内で静かにこの世を去っていきます。人の生と死、そして、建物には密接な関係があります。

では、ご存知の方が多いと思いますけど、「大島てる」は不動産情報に特化したWebサイト。当ブログでは、改めて「大島てる」とは何なのか解説していきます。

大島てるとは?

大島てるとは、不動産の事故物件を公示するWebサイトのこと。

大島てるは一戸建て住宅やマンション、ビルなどの建築物の事故物件を紹介しているサイト。

Web内容として、自死、殺人事件、火災などで死亡者が出た物件、および、(※)心理的瑕疵物件が住所付きで公開されています。

(※)心理的瑕疵物件(しんりてきかしぶっけん)

不動産取引における心理的瑕疵物件とは、賃借人と買主が心理的な抵抗感を抱く(※)瑕疵がある物件。

具体的な内容として、物件内において、過去に自死、事故死、他殺、孤立死が発生した物件、および、科学的に証明できない不可思議な現象が起きる物件などが該当。心理的瑕疵物件の明確な定義は存在しない。

(※)瑕疵(かし)

法的に人の行為、権利または物に何らかの欠陥、欠点のあること。

(出典)三省堂スーパー大辞林

大島てるのWebにアクセスすると、Googleマップが表示されます。マップ上に炎のアイコンが表示されていて、アイコンをクリックすると事故発生の日付、事故物件の住所、事故内容、投稿年月日、写真(一部のみ)が表示されます。

初めて大島てるにアクセスして自分の居住地エリアを確認すると、自分の知らない事故物件が表示されて心が揺さぶられるかもしれません。当然、人口過密エリアほど事故物件が多くなります。

大島てるの利用方法

大島てるのWebサイト情報は無料で公開されています。

具体的な利用方法として、アパートやコーポ、マンションなどの賃貸物件を借りる場合や中古物件、不動産の購入を検討している場合、大島てるにアクセスすることで物件の過去情報を調べることができます。

なお、大島てる氏が自ら語っている事実として、大島てるWebサイトの不動産情報は氷山の一角のようです。

大島てる氏が語る

事故物件の見分け方

大島てる氏が事故物件の見分け方を解説。

・事故物件の定義

・事故物件の種類と件数

・事故物件の告知義務

・身近に潜む告知義務のない事故物件

・隠れ事故物件を見極めるポイント

大島てるが徹底解説!事故物件の見分け方「不自然なリフォーム」 映画『事故物件 恐い間取り』特別動画

歴代ワースト物件

土地と建物には、目に見えない力のようなものが働いているのでしょうか。

科学では解明できない不動産の不可解な事実。大島てる氏が語る、事故、事件が続いた東京都内の歴代ワースト物件とは?

事故物件サイト管理人・大島てるが語る… 歴代ワースト1の最凶最悪事故物件で起きた悲劇とは…【ゲスト:大島てる】【島田秀平のお怪談巡り】#146

大島てるWebサイト

大島てるWebサイト

賃貸物件の窓周りの悩み

部屋のレースカーテン

賃貸物件の住居で生活し、オフィスで仕事をする中で、人それぞれ何らかの悩みがあります。

・外から室内が丸見え

→対策として、レースカーテンやブラインドの設置が一般的。

・太陽光が眩しい

→対策として、レースカーテンやブラインドの設置が一般的。

・夏、日射熱で室内が暑い

→対策として、レースカーテンを閉めても暑さが若干和らぐ程度。

・冬、室内が寒い

レースカーテンやブラインドの諸問題

プライバシー対策や眩しさ、暑さ対策として、窓際にレースカーテンやブラインドの設置が一般的です。しかし、これらは無視できないデメリットもあります。

プライバシー保護や太陽の眩しさ、夏の暑さなどでカーテンやブラインドを閉じると、室内がやや暗くなり、眺望が悪化します。ブラインドを閉めると、眺望がゼロになります。

そこで、窓周りの複数の問題を解決するために、窓ガラスにガラスフィルムを貼る方法があります。

窓ガラスフィルムで悩み対策

窓ガラスフィルムの種類

窓周りの悩みに応じてマッチするガラスフィルムを窓に施工します。

・外から室内が丸見え

→対策として、窓に「目隠しフィルム」や「遮熱フィルム」「遮熱断熱フィルム」の施工。

【関連記事】

・太陽光が眩しい

→対策として、窓に「遮熱フィルム」「遮熱断熱フィルム」の施工。

・夏、日射熱で室内が暑い

→対策として、窓に「遮熱フィルム」「遮熱断熱フィルム」の施工。

【関連記事】

・冬、室内が寒い

→対策として、窓に「遮熱断熱フィルム」の施工。

【関連記事】

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がけるHigh Groveの「フィルムワーク」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました