窓ガラスの断熱シート選びは熱貫流率が低いガラスフィルムがお勧め

凍り付いた窓ガラス 窓ガラスフィルム-ブログ

冬季、窓際の冷気対策として、窓ガラスに断熱シートや断熱機能を持つガラスフィルムの貼り付けを検討する人が増えます。

窓ガラス周囲の寒さ対策として、店舗で手軽に買える断熱シートからプロ用の本格的な断熱ガラスフィルムまで多種多様です。

それらの中で、プロ用のガラスフィルムには熱貫流率(ねつかんりゅうりつ)というスペックが与えられています。

窓ガラスやサッシ、建築業界で使われている「熱貫流率」について解説します。

熱貫流率とは?

建築物の場合、壁と窓ガラス、床、屋根を通して熱が室内から室外へ、そして、室外から室内へ移動しています。

夏季

夏季、暑い外気熱が室内に流入

・太陽光線の日射熱が窓ガラスから室内へ流入。

冬季

冬季、暖かい室内の熱が窓ガラスを通して室外へ流出

・暖房が効いている暖かい室内の熱の約60%が窓から外へ流出。

熱貫流率

熱貫流率とは、外と室内の温度差が1℃の時、「1時間」あたり「1m2」の面積を通過する熱量をW(ワット)で表した数値。

熱貫流率の単位

熱貫流率の単位は「W/m2K」。読み方はワット毎平方メートル毎ケルビン。熱貫流率を「U値」と言います。

一般的な窓ガラスに使われている「透明フロートガラス(3mm)」の熱貫流率は「6.0 W/m2K 」。

熱貫流率が低いほど断熱効果が高い

簡単に解説しますと、窓ガラスの熱貫流率が低いほど断熱効果が高くなります。

熱貫流率の数値が小さいほど、「室内の熱が外に逃げにくく、冬は暖かい」という意味になります。

3M、LOW-Eシリーズの熱貫流率

3M-窓ガラスフィルム

3MのLOW-Eシリーズはフィルム1枚で遮熱と断熱の両方の機能を持つ窓ガラスフィルム。

3M、LOW-Eシリーズのラインアップ

3MのLOW-Eシリーズは2種類の遮熱、断熱フィルムのラインアップがあります。熱貫流率と関連データはこちら。

製品名熱貫流率
(W/m2K)
遮蔽係数日射熱
取得率
可視光線
透過率(%)
LOW-E704.60.640.5672
LOW-E20
シルバー
4.60.270.2420

3M「LOW-E70」と「LOW-E20シルバー」の遮蔽係数と日射熱取得率、可視光透過率は違うものの、熱貫流率は同じです。

住友理工、リフレシャイン/Refleshineの熱貫流率

住友理工-窓ガラスフィルム-リフレシャイン

住友理工のリフレシャインもフィルム1枚で遮熱と断熱の両方の機能を持つ窓ガラスフィルム。

住友理工、リフレシャイン/Refleshineのラインアップ

住友理工、リフレシャイン/Refleshineは2種類の遮熱、断熱フィルムのラインアップがあります。熱貫流率と関連データはこちら。

製品名熱貫流率
(W/m2K)
遮蔽係数可視光線
透過率(%)
TW324.50.6673
TW36A4.50.5966

リフレシャイン「TW32」と「TW36A」の遮蔽係数と可視光透過率は違うものの、熱貫流率は同じです。

TW32はほぼ透明に近いフィルム。室内の明るさを求めるならば「TW32」、より夏の日射熱を防ぎたいのであれば「TW36A」を選択するといいでしょう。

GLAFIL/グラフィルの熱貫流率

グラフィル/GLAFIL 窓ガラスフィルム

GLAFIL/グラフィルもフィルム1枚で遮熱と断熱の両方の機能を持つ窓ガラスフィルムがラインアップに用意されています。

GLAFIL/グラフィルのラインアップ

GLAFIL/グラフィルは2種類の遮熱、断熱フィルムのラインアップがあります。熱貫流率と関連データはこちら。

製品名熱貫流率
(W/m2K)
遮蔽係数日射熱
取得率
可視光線
透過率(%)
RSP35LE4.30.410.3634
NS70LE4.60.580.5167

グラフィルの「RSP35LE」はシルバー系の遮熱、断熱フィルム。そして、NS70LEはクリア系の遮熱、断熱フィルムです。

まとめ

前述のように、 一般的な窓ガラスに使われている3mm厚、透明フロートガラスの熱貫流率は「6.0 W/m2K 」。

3mm厚のフロートガラスにわずか厚さ50μm(※マイクロメートル)の遮熱、断熱フィルムを施工することで熱貫流率の数値が低くなります。

※50μmは髪の毛1本の太さとほぼ同じ。

グラフィル「RSP35LE」ガラスフィルムの熱貫流率は「4.3 W/m2K

Before – ガラスフィルム未施工

3mm厚、透明フロートガラスの熱貫流率:6.0 W/m2K

After – ガラスフィルム施工後

グラフィル「RSP35LE」ガラスフィルムの熱貫流率: 4.3 W/m2K

値が小さくなるということは、断熱効果が高いという意味

つまり、ガラスフィルムの施工で普通の窓ガラスより熱を通しにくくなり、部屋を暖かく保つ効果があるという意味です。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました