ウッドデッキは人工木と天然木のどっち?メリット&デメリット比較

天然木ウッドデッキ 窓ガラスフィルム-ブログ

一戸建て住宅のリビングと庭を繋いでくれるウッドデッキを設置することで、より生活空間が広がり、アウトドアリビングとしての空間をプラスできます。

ウッドデッキの材質は大きく「天然木」と「人工木」の2種類。

ウッドデッキと言えば、天然木が頭に浮かびます。

DIY派ならば、ウッドデッキのキットを購入し、説明書を見ながら組み立てる醍醐味があります。

束石(つかいし)基礎の上に束柱(つかばしら)、横方向の根太(ねだ)を組み、その上に天然木の床板を敷き詰めてビス止めし、幕板(まくいた)と呼ばれるデッキ側面を覆う板を取り付けて完成です。

対する、人工木/樹脂製ウッドデッキも人気が高く、今や、日本の一戸建て住宅に設置されているウッドデッキの90%近くは人工木ウッドデッキ。

では、「人工木ウッドデッキ」と「天然木ウッドデッキ」の各メリットとデメリット、ウッドデッキの設置で気になる熱対策をご紹介します。

人工木/樹脂製ウッドデッキのメリット、デメリット

人工木ウッドデッキ

人工木/樹脂製ウッドデッキ市場はリクシル/LIXIL、YKK AP、三協アルミの3社で80%以上を占めています。

人工木ウッドデッキの骨格はアルミ製。ウッド部は木粉に樹脂を混ぜて成型したもの。

各メーカーが発売している人工木ウッドデッキの価格は2~3万円台/m2(工事費込み)。

人工木ウッドデッキのメリット

・メンテナンスフリー

・耐久性が高い

・色褪せしにくい

・反りにくい

・カラーラインアップが豊富

・メーカーによる耐久性や性能差が無い

人工木ウッドデッキのデメリット

・木の風合いに及ばない

・夏、床板が高熱を帯びる

夏、人工木ウッドデッキは高熱を帯びるため、とても素足で歩くことはできません。そこで、その対策品も流通しています。

天然木ウッドデッキのメリット、デメリット

天然木ウッドデッキ

天然木の種類

天然木ウッドデッキの素材は、大きくソフトウッドとハードウッドの2種類。

ソフトウッド

杉の木
スギ

ソフトウッドは柔らかく、加工しやすい木材でSPF材などが代表的。その他、松、ヒノキ、杉、ウエスタンレッドシダー。

長所

安価で入手が容易。加工しやすい。

短所

メンテナンスをしないと腐りやすい。虫の影響を受けやすい。

ハードウッド

ウリン、アイアンウッド
ウリン

ウリンに代表されるハードウッドは腐食や虫に強く、アイアンウッドとも呼ばれています。薬剤処理が無くても100年の耐久性があるとも言われます。

ウリンを使用したハードウッド・ウッドデッキは理想的とも言えます。

長所

抜群の耐久性。塗装しなくてもOK。

短所

ハードウッドは非常に硬く、重い素材で加工が難しい。

ウッドデッキは10年持たないという意見は本当ですか

天然木ウッドデッキのメリット

・天然木ならではの風合い、肌触りの良さ

・夏、床板が熱を持ちにくい

・冬、床板が暖かい

・ソフトウッドは価格が比較的安い

・ウリン材のウッドデッキの耐久性は30年以上

天然木ウッドデッキのデメリット

・ソフトウッドの場合、1~2年毎に防腐剤塗布のメンテナンスが必要

・ソフトウッドはハードウッドより寿命が短い

・ウリンなどのハードウッドは価格が高め

ウッドデッキはリビングの南側に設置されるケースが多く、場所的に日射熱と紫外線をダイレクトに受けます。これが理由となり、ソフトウッドのメンテナンス不備が続くと、ウッドデッキの劣化が進んでしまいます。

ソフトウッド製ウッドデッキの場合、1~2年毎に防腐剤入りの油性塗料を塗ることで、デッキの延命化ができます。

ウッドデッキが帯びる熱

夏の太陽
Summer

外気温が30℃超の真夏日、さんさんと照らす太陽光でウッドデッキが熱を帯びます。人工木と天然木ウッドデッキを比較すると、表面温度の違いは無視できません。

人工木ウッドデッキの表面温度

真夏日、人工木ウッドデッキの表面温度はメーカーによって違いはあるものの、約50~55℃に達します。とても素足では歩けない温度。

夏、人工木ウッドデッキの表面が暑いのは否定しようのない事実です。

天然木ウッドデッキの表面温度

真夏日、天然木ウッドデッキの表面温度は木の種類によって違いはあるものの、約42~45℃ほど。

夏、人工木と天然木ウッドデッキの表面温度には、約10℃前後の違いがあります。天然素材の木は熱を持ちにくいのが明らかです。

ウッドデッキのまとめ

ハードウッド製ウッドデッキ by ウリン

人工木、ソフトウッド、ハードウッドの風合い、発熱、メンテナンス、経年劣化、耐用年数、コストを★3つで採点してみます。

風合い発熱メンテ経年劣化耐用年数コスト
人工木★☆☆☆☆☆★★★★★★★★★★☆☆
ソフトウッド★★★★★☆☆☆☆★☆☆★☆☆★★★
ハードウッド★★★★★☆★★★★★★★★★★★☆

※表は当ブログの独自イメージです。の数が多いほど優秀。

※ソフトウッドの経年劣化はメンテナンスに左右されます。

星の数の合計

人工木、ソフトウッド、ハードウッドの風合い、発熱、メンテナンス性、経年劣化、耐用年数、コストの★の数を合計します。

【人工木】11 stars

人工木はメンテナンス不要で耐久性が高いものの、初期投資が高い。夏の発熱が最大の難点です。

【ソフトウッド】10 stars

ソフトウッドは初期投資が安いものの、1~2年毎の塗装が必要。毎回、塗装業者に依頼するならば、ハードウッドの選択を推奨します。

【ハードウッド】16 stars

ハードウッドはメンテナンス不要で耐久性が高い。初期投資は中レベル。ウリンの色が抜けてきてグレー色に変化していきます。

結論

当ブログの独断と偏見でウッドデッキの結論を出します。

ウッドデッキの設置を検討中の方、そして、既にウッドデッキを設置済みの方は、一戸建ての「庭」と「リビングの延長空間」をとても大切に考えるアウトドア派だと思います。ウッドデッキはBBQや花、庭空間を楽しみたい方にとって大切な場所。

としますと、ウリンなどのハードウッド製ウッドデッキがベストな選択ではないでしょうか。ハードウッドならば、夏でも、10年後、20年後でも楽しむことができます。

ウッドの色が抜けて徐々にグレー色へ変化するのも天然木の特徴。味わい深い風合いを楽しむことができます。

ウッドデッキ設置後、リビングの暑さ対策

窓ガラスフィルムの種類

リビングの南側にウッドデッキを設置すると、夏、どうしても床板が熱を帯び、その赤外線が窓を通してリビングを暖めてしまいます。特に、人工木ウッドデッキはその傾向が顕著です。

そこで、リビングの暑さ対策として、窓ガラスの内側にガラスフィルムを施工する方法があります。

具体的には「遮熱断熱フィルム」を施工します。遮熱断熱フィルムが外から室内への熱の流入を抑制し、冬は断熱効果を発揮します。

これにより、夏はより涼しく、冬はより暖かい快適な室内空間を整えることができます。

詳細は関連記事をご参照ください。

【関連記事】

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました