紫外線アレルギー対策-窓ガラスフィルムで紫外線を99%以上カット

紫外線対策-サングラス 窓ガラスフィルム-ブログ
この記事は約5分で読めます。

紫外線アレルギーとは、人が日光に含まれる紫外線を浴びると肌が赤く腫れたり、かゆみを感じるアレルギー反応。

紫外線アレルギーは光線過敏症や日光過敏症、日光アレルギーとも呼ばれます。

そして、アルビノの方はメラニンが不足しているため、同様に紫外線は大敵です。

紫外線アレルギーやアルビノの方は、やはり日常生活の中で可能な限り紫外線を浴びないようにする必要があります。

せめて、家の中では、部屋に入り込む紫外線をなるべく浴びないようにしたいものです。

それでは、当ブログページでは紫外線アレルギーに関して深掘りしてみます。

プロ業者が施工する、ハイクオリティな窓ガラスフィルムのラインアップ

紫外線アレルギー対策

紫外線アレルギーは日光によって引き起こされる免疫系の反応。

紫外線アレルギーの皮膚症状は紅斑、水疱、丘疹、じんましん等があり、かゆみを伴う症状が多いと言われます。紫外線アレルギーには様々な疾患があり、疾患ごとに原因も異なります。

自己判断で市販薬のかゆみ止め等を使用するのではなく、具体的な治療については専門の皮膚科医に相談したいもの。

そして、紫外線アレルギーの対策として、太陽光を極力浴びないように自己防衛するしかありません。

具体的には、日傘の使用や長袖衣類の着用、帽子を被り、市販の日焼け止めクリームをこまめに塗ることが一般的です。

また、紫外線を100%カットするサングラスを着用すれば、紫外線から目と目の周囲をプロテクトできます。

しかし、日々の通勤や通学、仕事上、太陽光を全く浴びずに生活するのは困難を極めると言わざるを得ません。

そこで、せめて自宅内では極力、太陽光を浴びないようにしたいものです。

アルビノの方の紫外線対策

アルビノの方はメラニンが極端に少ない、あるいは欠如しているため、快晴の日、少しでも日に当たっていると、日焼け(サンバーン)して皮膚が赤くなってしまいます。

アルビノの方の皮膚がん発病のリスクは、ヨーロッパの白人系よりも遥かに高くなります。従って、アルビノの方の紫外線対策は非常に重要になります。

アルビノの方が外出時、帽子に長袖衣類の着用は当然のことながら、自宅内でも紫外線に当たらないような生活を余儀なくされています。

食品で肌を整える

野菜サラダ

食品に含まれている各種ビタミンとアントシアニン、たんぱく質の摂取と肌は密接な関係があります。

ビタミンの中でビタミンCは、肌の水分量を調節するセラミド(細胞間脂質)の合成を促します。これにより、肌のバリア機能と保湿機能を高める役割を果たしています。

食生活の中で積極的にビタミンCを摂取したいものです。

ビタミンA

ほうれん草は豊富なビタミンAを含んでいます。その他、ニンジン、パセリ、カボチャ、ニラ、ダイコンなどもビタミンAを含んでいます。

ビタミンC

ビタミンCを含む野菜として、トマト、ピーマン、パセリ、ブロッコリー、かぶなど。

ビタミンCを含む果物として、アセロラ、グァバ、ゆず、すだち、レモン、柿、キウイ、オレンジなどの果物全般です。

ポリフェノール

代表的なポリフェノールとして、カテキンやアントシアニンが挙げられます。

カテキンを含む食材

お茶、りんご、ブルーベリー

アントシアニンを含む食材

ブルーベリー、紫いもなどの紫色の食材

植物性たんぱく質

植物性たんぱく質を含む食材の代表は豆類。

大豆、小豆、黒豆、豆腐、納豆、えんどう豆、そら豆、枝豆などが挙げられます。もちろん、味噌や醤油の原材料は大豆。

毎日の生活の中で各種ビタミンやアントシアニン、植物性たんぱく質を積極的に摂取することで肌のターンオーバーを整え、肌のバリア機能と保湿機能を高めたいもの。

肌と健康のためには、なるべく動物性たんぱく質の摂取を控え、和食中心の食生活が望まれます。

次に、窓ガラスから室内に入ってくる紫外線をカットする注目の対策です。

UVカットフィルムが紫外線を99%以上カット

窓ガラスフィルムで紫外線を99%以上カット。

紫外線/UVは紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)に分類できます。

紫外線A波(UV-A)

紫外線A波(UV-A)は室内のフローリングやカーペット、畳、壁、家具、調度品の退色と劣化、そして、肌のシミやシワ、たるみに大きく関わっている光線です。

紫外線B波(UV-B)

紫外線B波(UV-B)は破壊力が強く、日焼けや肌が赤くなったり水ぶくれの原因となります。

乱反射する紫外線

屋外の木陰や室内の日が当たらない場所にいても、紫外線は乱反射している以上、肌は紫外線を浴びています。

プロ業者が使用するガラスフィルムは紫外線を99%以上カットできます。更に、遮熱性能や遮熱断熱性能を併せ持つ機能性フィルムで夏の暑さと冬の寒さを和らげることもできます。

肌と室内もプロテクト

窓ガラスフィルムの種類

太陽光の紫外線を浴びると日焼けはもちろん、シミやシワ、たるみなどの光老化を促進させてしまいます。

皮膚科の医師が執筆している多くの書籍には、「紫外線は百害あって一利なし」の内容で見解が一致しています。

紫外線アレルギーやアルビノの方は毎日の生活の中で、常に紫外線に注意を払い、対策に苦慮されている現実があります。

そこで、自宅の窓ガラスにガラスフィルムを施工することで、悩ましい紫外線を99%以上カットできます。

更にガラスフィルムの副産物として、室内のフローリングやカーペット、畳、壁、家具、調度品の色褪せや劣化を抑制できます。

また、台風の強風による飛来物が窓ガラスを直撃しても、ガラス飛散を防止する効果もあります。

【関連記事】

Contact us

[窓]+窓ガラスフィルムで快適空間。静岡県浜松市の窓ガラスフィルム施工専門店、Film Work/フィルムワーク。プロ業者が目隠しフィルム,UVカットフィルム,遮熱フィルム,遮熱断熱フィルム,防犯フィルム,ガラス飛散防止フィルム,防虫フィルム,抗ウイルス・抗菌フィルム,水垢/ウロコ付着防止フィルム,曇り止めフィルム,デザインフィルムで室内空間のお悩みを解決。

窓ガラスのガラスフィルム施工を手掛けるHigh Groveの「Film Work/フィルムワーク」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県等の建築物にフィルム施工を展開するガラスフィルム施工業者です。

皆様のお悩みを解決できる、プロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました