窓ガラスフィルムの遮熱フィルムと断熱フィルムの違いと使い分け方

窓ガラスフィルム施工(遮熱、断熱、紫外線カット、飛散防止、目隠し)-静岡県浜松市 窓ガラスフィルム-ブログ

日常生活の中で「断熱(だんねつ)」という言葉を見聞きすることがあります。

例えば、家の「断熱材」と聞くと、「外の暑さと寒さを断熱する材料」といったイメージが湧くと思います。

そして、特に夏場は「遮熱(しゃねつ)」という言葉も見聞きすることがあります。

なんとも「遮熱」と「断熱」の意味を混同してしまっている方がいるかもしれません。

そこで、意外と知られていない「遮熱」と「断熱」の違いについて、そして、「遮熱ガラスフィルム」と「断熱ガラスフィルム」の違いと使い分けについて解説します。

遮熱と断熱の違いとは?

遮熱

遮熱とは、放射熱をブロックすること。

例えば、自動車のエンジンルームを覗き込むと、エキマニと呼ばれる排気ガスを通すパイプに遮熱板が使われています。ターボ車の場合、ターボ付近に遮熱板が設置されている場合があります。

遮熱板は熱源が発する高熱を遮蔽(しゃへい)するための板を意味します。

断熱

断熱とは、熱が伝わらないようにすること。

身近な例として、住宅の壁に使われている断熱材は外の熱が室内に伝わらないようにし、室内の熱を外へ逃がさないための材料です。

遮熱フィルムと断熱フィルムの違いとは?

窓ガラスに施工するガラスフィルムの中で「遮熱ガラスフィルム」と「断熱ガラスフィルム」があります。

夏季、窓ガラスを通して室内に流入する日射熱を和らげるためには、遮熱(しゃねつ)フィルムと断熱(だんねつ)フィルムのどちらを選択したらいいのでしょうか?

そして冬季、窓ガラスから室内に入ってくる冷気対策として、遮熱フィルムと断熱フィルムのどちらを選択したらいいのでしょうか?

遮熱フィルム

遮熱フィルムは太陽光による室内への日射熱の流入を抑制し、暑さを和らげてエアコンの負荷を軽減できます。これは、電気代の節約に繋がります。

また、遮熱フィルム日射熱を和らげて室内を適度な明るさにコントロールする機能もあります。

遮熱フィルムの施工例

夏季、室内の暑さ対策として、遮熱フィルムが適しています。以下の場合、遮熱フィルムを施工する場合があります。

・南向きの窓ガラス

・夏場、太陽光の日射熱により室内が暑い

・夏場、エアコンの効きが弱い

※お施主様によっては、南向きの窓ガラスに断熱フィルムを選択される場合もあります。これは、お客様のライフスタイルや部屋の広さ、エアコン性能、冬季の断熱性向上等、複数の条件によります。

詳細はご相談ください。

断熱フィルム

冬季、断熱フィルムは室内の熱を室外へ逃がしにくくする機能を持っています。これにより、エアコン暖房や石油ファンヒーター等、暖房器具の負荷を軽減し、電気代や燃料費の節約に繋がります。

断熱フィルムの施工例

冬季、室内の寒さ対策として断熱フィルムが適しています。

一戸建ては全ての外壁と窓ガラスが外の冷気にさらされているため、 以下の場合、断熱フィルムを施工する場合があります。

・南向きと北向きの窓ガラス

・冬季、各部屋と廊下を含めて寒さを感じる

・冬季、暖房器具の効きが弱く感じる

※南に面したビルの場合、窓ガラスに遮熱フィルムを施工する場合もあります。これは、お施主様のお悩みや建物の構造、立地条件等、複数の要因によってガラスフィルムの種類を使い分けることができます。

詳細はご相談ください。

遮熱フィルムと断熱フィルムの使い分け方法

ここで、遮熱フィルムと断熱フィルムの使い分け方法の前に、高気密高断熱の一戸建てに設置されている複層ガラス「Low-Eガラス」についてお話してみたいと思います。

きっと、窓ガラスと熱について理解が深まると同時に、あなたの家にピッタリの窓ガラスフィルムが見えてくると思います。

複層ガラス(Low-Eガラス)

2003年、建築基準法が改正され、住宅には24時間換気システムの設置が義務付けとなりました。その後、気密性と断熱性が高い家のニーズが高まってきました。

今や、大手ハウスメーカーから全国の工務店まで、高気密高断熱住宅がもはや常識となっています。これらの家の多くには複層ガラス(ペアガラス)が設置されています。

樹脂やアルミサッシに窓ガラスを2枚、または3枚セットすることで、窓ガラスの間に空気層ができます。空気層の厚みは6~12mm。

これにより、窓ガラスの断熱性能が向上します。空気層が断熱効果を発揮し、高断熱住宅の性能を支えています。

この複層ガラスの中に「Low-Eガラス」という窓ガラスがあります。 Low-Eガラスは2種類。

・遮熱タイプ

・断熱タイプ

Low-Eガラス、遮熱タイプ

Low-Eガラス(遮熱タイプ)断面図

Low-Eガラスの「遮熱タイプ」は窓ガラスの第2面に薄いLow-E金属膜と呼ばれる銀や酸化亜鉛の薄い膜がコーティングされています。

このLow-E金属膜が太陽の日射熱を反射します。これにより、室内へ流入する日射熱を抑制し、室内の温度上昇を抑える仕組みです。

Low-Eガラス、断熱タイプ

Low-Eガラス(断熱タイプ)

Low-Eガラスの「断熱タイプ」は窓ガラスの第3面に薄いLow-E金属膜と呼ばれる銀や酸化亜鉛の薄い膜がコーティングされています。

このLow-E金属膜は室内の暖かい熱を室内に閉じ込める効果があります。屋外への熱流出を抑制することで暖房器具の効率が向上し、部屋を暖かく保ちます。

遮熱ガラスフィルムと断熱ガラスフィルムの使い分け方

複層ガラスのLow-Eガラスには、遮熱タイプと断熱タイプがあることをご理解いただけましたでしょうか。

では、Low-Eガラスの遮熱タイプと断熱タイプを「遮熱フィルム」と「断熱フィルム」に置き換えてみます。

ここで一例として、一戸建てに以下のフィルムを施工する方法があります。

(一例)

南と北の窓ガラスに「断熱ガラスフィルム」を施工。

東と西の窓ガラスに「遮熱ガラスフィルム」を施工。

南の窓ガラスに「断熱ガラスフィルム」を施工することで、夏季の日射熱が室内に流入するものの、冬季は日射熱により部屋が暖かくなるメリットがあります。

そして、朝日と西日は低い角度から室内に入り込むため眩しく、日射熱が室内に流入してきます。そこで、東と西の窓ガラスに「遮熱ガラスフィルム」を施工することで暑さを和らげる効果があります。

その他、隣家が朝日を遮るため、朝日が東の窓に流入しない一戸建ての場合、東の窓ガラスに「断熱ガラスフィルム」を施工する選択肢もあります。

なお、3MやGLAFIL、住友理工製の「遮熱断熱フィルム」は遮熱と断熱性能を両立させています。

遮熱断熱ガラスフィルム

3M

LOW-E70, LOW-Eシルバー

GLAFIL/グラフィル

RSP35LE, NS70LE

住友理工

リフレシャインTW32, TW36A

これらのガラスフィルムでしたら、フィルム1枚で夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内空間を実現できます。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました