単板ガラス,ペアガラス,Low-Eガラス+遮熱断熱フィルムでU値が下がる

樹脂サッシ 窓ガラスフィルム-ブログ

一戸建て住宅、マンション、店舗、ビルなどの建築物の断熱性能を下げてしまう大きな原因は「窓」。

今も昔も、建物の最大の弱点は「窓」。

そこで、窓に遮熱断熱フィルムを施工することで、窓の断熱性能を高めることができます。

具体的に遮熱断熱フィルムでどの程度、窓の断熱性能が良くなるのか数字で表すことでより理解しやすくなります。

では、単板フロートガラス、ペアガラス、トリプルガラス、Low-Eガラスに遮熱断熱フィルムを施工後、どの程度、窓の断熱性能が良くなるのか例を挙げながら熱貫流率(U値)を計算してみます。

熱貫流率(U値)

熱貫流率とは、外と室内の温度差が1℃の時、「1時間」あたり「1m2」の面積を通過する熱量をW(ワット)で表した数値。

窓ガラスの熱貫流率が低いほど、断熱効果が高くなります

熱貫流率の単位

熱貫流率の単位は「W/m2・K」。読み方はワット毎平方メートル毎ケルビン。熱貫流率を「U値」と言います。

一般的な窓ガラスに使われている「3mm厚の透明フロートガラス」の熱貫流率は「6.0 W/m2・K 」。

単板フロートガラス+遮熱断熱フィルム

窓ガラスに飛散防止、紫外線カットフィルム施工

単板ガラスはフロートガラスとも呼ばれます。

サッシメーカーはYKK AP、LIXIL/リクシル、三協立山、エクセルシャノンで市場の95%以上を占めています。

3mm厚の透明フロートガラスに熱貫流率(U値、単位はW/m2・K)が「4.3」と「4.6」の遮熱断熱フィルムを施工するとします。

・3mm厚、透明フロートガラスの熱貫流率:「6.0」

・遮熱断熱フィルムの熱貫流率:「4.3」と「4.6」

熱貫流率が4.3の遮熱断熱フィルムの場合

6.0W/m2・K×4.3W/m2・K×1/6=4.3W/m2・K

Before

3mmフロートガラスの熱貫流率「6.0」

After

フロートガラス+遮熱断熱フィルム=熱貫流率「4.3」

窓の断熱性能が約30%UP

熱貫流率が4.6の遮熱断熱フィルムの場合

6.0W/m2・K×4.6W/m2・K×1/6=4.6W/m2・K

Before

3mmフロートガラスの熱貫流率「6.0」

After

フロートガラス+遮熱断熱フィルム=熱貫流率「4.6」

窓の断熱性能が約24%UP

ペアガラス+遮熱断熱フィルム

ペアガラス、複層ガラス

ペアガラス(複層ガラス)はサッシに2枚のガラスが組み込まれています。

各サッシメーカーの中で、一例としてYKK APのAPW330(ペアガラス)に熱貫流率(U値、単位はW/m2・K)が「4.3」と「4.6」の遮熱断熱フィルムを施工するとします。

・YKK AP APW330(樹脂スペーサー仕様)の熱貫流率:「1.31」

・遮熱断熱フィルムの熱貫流率:「4.3」と「4.6」

熱貫流率が4.3の遮熱断熱フィルムの場合

1.31W/m2・K×4.3W/m2・K×1/6=0.93W/m2・K

Before

YKK AP APW330の熱貫流率「1.31」

After

YKK AP APW330+遮熱断熱フィルム=熱貫流率「0.93」

窓の断熱性能が約30%UP

熱貫流率が4.6の遮熱断熱フィルムの場合

1.31W/m2・K×4.6W/m2・K×1/6=1.00W/m2・K

Before

YKK AP APW330の熱貫流率「1.31」

After

YKK AP APW330+遮熱断熱フィルム=熱貫流率「1.00」

窓の断熱性能が約24%UP

トリプルガラス+遮熱断熱フィルム

樹脂サッシ

トリプルガラス(複層ガラス)はサッシに3枚のガラスが組み込まれています。

一例として、YKK AP APW330(トリプルガラス樹脂スペーサー仕様)に熱貫流率(U値、単位はW/m2・K)が「4.3」と「4.6」の遮熱断熱フィルムを施工するとします。

・YKK AP APW330(トリプルガラス樹脂スペーサー仕様)の熱貫流率:「0.99」

・遮熱断熱フィルムの熱貫流率:「4.3」と「4.6」

熱貫流率4.3の遮熱断熱フィルムの場合

0.99W/m2・K×4.3W/m2・K×1/6=0.70W/m2・K

Before

YKK AP APW330(トリプルガラス樹脂スペーサー仕様)の熱貫流率「0.99」

After

YKK AP APW330(トリプルガラス樹脂スペーサー仕様)+遮熱断熱フィルム=熱貫流率「0.7」

窓の断熱性能が約30%UP

熱貫流率4.6の遮熱断熱フィルムの場合

0.99W/m2・K×4.6W/m2・K×1/6=0.75W/m2・K

Before

YKK AP APW330(トリプルガラス樹脂スペーサー仕様)の熱貫流率「0.99」

After

YKK AP APW330(トリプルガラス樹脂スペーサー仕様)+遮熱断熱フィルム=熱貫流率「0.75」

窓の断熱性能が約24%UP

Low-Eガラス+遮熱断熱フィルム

Low-Eガラス(遮熱タイプ、断熱タイプ)

Low-Eガラスは「遮熱タイプ」と「断熱タイプ」の2種類。

遮熱タイプは第2面に銀などの金属膜が薄くコーティングされています。対する、断熱タイプは第3面に銀などの金属膜が薄くコーティングされています。

ここでは、断熱タイプのLow-Eガラスを挙げて計算してみます。

YKK AP Low-E 断熱タイプニュートラル(3mmフロートガラス、中間層16mm)に熱貫流率(U値、単位はW/m2・K)が「4.3」と「4.6」の遮熱断熱フィルムを施工するとします。

・YKK AP Low-E 断熱タイプニュートラル(3mmフロートガラス、中間層16mm)の熱貫流率:「1.2」。

・遮熱断熱フィルムの熱貫流率:「4.3」と「4.6」

熱貫流率4.3の遮熱断熱フィルムの場合

1.2W/m2・K×4.3W/m2・K×1/6=0.86W/m2・K

Before

YKK AP Low-E 断熱タイプの熱貫流率「1.2」

After

YKK AP Low-E 断熱タイプ+遮熱断熱フィルム=熱貫流率「0.86」

窓ガラスの断熱性能が約29%UP

熱貫流率4.6の遮熱断熱フィルムの場合

1.2W/m2・K×4.6W/m2・K×1/6=0.92W/m2・K

Before

YKK AP Low-E 断熱タイプの熱貫流率「1.2」

After

YKK AP Low-E 断熱タイプ+遮熱断熱フィルム=熱貫流率「0.92」

窓の断熱性能が約24%UP

まとめ

・窓ガラスに遮熱断熱フィルムを施工後、窓の断熱性能が約24%から最大約30%UP。

特に、2000年以前に建てられた一戸建て住宅やマンションの窓の多くは「単板ガラス+アルミサッシ」が設置されています。

そして、ロの字型やコの字型の中庭のある家は構造上、中庭の窓から熱が逃げやすくなります。

建物の熱が逃げてしまう最大の弱点である「窓」に遮熱断熱フィルムの施工で確実に断熱性能を上げることができます。結果的にエアコン効率が高まり、夏と冬の節電に繋がります。

詳細は関連記事をご参照ください。

【関連記事】

※算出した数値は理論値です。実際、遮熱断熱フィルムの施工後、プラスマイナスの誤差が生じることがありますので予めご了承ください。また、窓ガラスの種類や設置環境と遮熱断熱フィルムとの相性問題があります。詳細はお問い合わせください。

【関連記事2】

遮熱フィルムで窓の遮蔽係数の値が下がり、夏の暑さ和らげて快適な室内空間を整えることができます。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました