ロの字型,コの字型の中庭のある家のメリット&デメリットと寒さ対策

中庭のある家、コの字型の家の庭、コートハウス 窓ガラスフィルム-ブログ

中庭のある家はコートハウスとも呼ばれ、特徴として、プライバシーを確保でき、中庭で子供が遊んだり、BBQを楽しんだり、多目的な空間を確保することができます。

そして、コの字型の家ならば、「コ」のスペースに庭を作ったり、プランターに花を植えたり、ウッドデッキを設置して多目的な空間を確保することができます。

では、中庭のある家やコの字型の家のメリットとデメリット、そして、寒さ対策について書いていきます。

中庭のある家/コートハウス

中庭のある家

メリット

・プライバシーを確保できる。

・中庭を有効利用できる。(庭、ウッドデッキ、ミニプール、BBQなど)

・中庭の植物を楽しむことができる。

・防犯性能が高い。

・家の中が明るい。

・中庭の窓にカーテン不要。

デメリット

・家の断熱性能が低下する。(熱損失の増加)

・冬、寒くなる傾向。

・中庭が生活動線を遮る。

・夏、中庭に熱と湿気がたまりやすい。

・廊下の面積が増え、居住空間が狭くなる。

・中庭の排水確保と降雪の問題。

コの字型の家

コの字型の家

メリット

・「コ」のスペースを有効利用できる。(庭、ウッドデッキ、ミニプール、BBQなど)

・「コ」のスペースの南側に木やフェンスを設置することで、プライバシーを確保できる。

デメリット

・家の断熱性能が低下する。(熱損失の増加)

・冬、寒くなる傾向。

・中庭からの日射取得が昼前後の時間帯で短い。

京都の京町家

京都市の京町家

日本の中庭と言えば、京都の京町家が代表例。

京町家は「うなぎの寝床」と呼ばれ、家の間口が狭く、奥行きが長い特徴があります。

この背景として江戸時代、間口の広さで税金(間口税)が決まったため、その対策として京町家が作られました。

京町家の多くに通り庭や中庭、坪庭があるのは、人の出入りと採光、通風が目的。夏、庭に水をまくと気化熱で気温が下がります。

当時の京都人は、その温度差による空気の動きで涼をとっていたのです。

このことからも、日本では中庭の歴史が長く続いています。

中庭のある家の断熱対策

中庭のある家、コの字型の家の庭、コートハウス

中庭のある家は断熱性能が低下するため、住人は冬の寒さが気になるかもしれません。

そして、コの字型の家は中央の部屋の日射取得時間が短く、同様に冬の寒さが気になるかもしれません。

この寒さ対策として、サッシと窓ガラスをより高性能なタイプに交換する方法があります。

中庭のある家の中庭に面しているサッシと窓ガラスを交換することで、窓の断熱性能を上げることができます。ただ、サッシと窓ガラスの交換はそれなりの工事費がかかります。

そして、コの字型の家は構造的に日射取得の時間が短くなります。家の断熱性能を上げるためには、同様に中庭に面しているサッシと窓ガラスをより高性能なタイプに交換する方法があります。

このように、中庭のある家やコの字型の家の断熱性能を上げる工事は、手軽で簡単とは言い難く、ちょっとしたリフォーム工事に入ります。

そこで、より簡単でコストも安い寒さ対策として、中庭に面している窓ガラスに「遮熱断熱フィルム」を施工する方法があります。

遮熱断熱フィルムで断熱性能UP

中庭のある家やコの字型の家の断熱性能を上げるためには、ガラスフィルムの中で「遮熱断熱フィルム」がマッチします。

遮熱断熱フィルムの施工は工期が短く、騒音も無く、砂塵が舞い上がることもありません。施工費用は窓交換よりも大幅にリーズナブル。

フィルム1枚が「遮熱」と「断熱性能」を併せ持ち、一粒で二度おいしいとも言えます。

窓の熱貫流率がより小さく

遮熱断熱フィルムの中には、熱貫流率「4.3W/m2・K」や「4.6W/m2・K」のスペックを持つタイプがあります。

仮に、家に熱貫流率「1.31W/m2・K」のペアガラスが設置されているとします。この窓に「4.6W/m2・K」の遮熱断熱フィルムを施工すると、窓の熱貫流率が約「1」に向上します。

1.31×4.6×1/6≒1.0W/m2・K

(熱貫流率の値が小さいほど断熱性能が高い。)

詳細は関連記事をご参照ください。

【関連記事】

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました