熱貫流率

窓ガラスフィルム-ブログ

Low-EガラスはUVカットできる?紫外線カット率は何%?

普及が進むLow-E複層ガラスはどの程度、紫外線をカットできる?そこで、管理人がYKK AP,リクシル,エクセルシャノンのローイーガラスをリサーチ。Low-Eガラスが大幅にUVカットできると思っていたら、実はそうでもないのです。
窓ガラスフィルム-ブログ

ハニカムスクリーンの7つのメリットと悩ましい6つのデメリット

ハニカムスクリーンを検討中の方は注目!ハニカムブラインドやハニカムシェードとも呼ばれる断熱ブラインドのメリットは窓際の断熱性能UP。夏と冬の窓の断熱対策の1つ。ただ無視できないデメリットも。後悔しないための窓の断熱対策とは?
窓ガラスフィルム-ブログ

UA値を下げるために家の窓を小さくすると冬、室内が寒くなる!?

UA値は家の断熱性能の参考になります。しかしUA値だけに拘ってしまうと、そこには大きな落とし穴があります。UA値が小さくても、冬の室内が寒い家と化すのです。やってはいけないUA値を下げる設計とは?そして大切なパッシブ設計とは?
窓ガラスフィルム-ブログ

Low-Eガラス,ペアガラス+遮熱断熱フィルムでU値が下がる

単板ガラス,YKK AP APW330ペアガラス,トリプルガラス,Low-Eガラスに遮熱断熱フィルムを施工後、窓の断熱性能がどの程度上がるのか例を挙げて熱貫流率(U値)の計算を実施。窓の断熱性能が約24%~最大30%UP。
窓ガラスフィルム-ブログ

中庭のある家,ロの字型の家,コの字型の家のメリット,デメリット

中庭のある家の住人の方と検討中の方は注目!コートハウスとも呼ばれるロの字型やコの字型の家のメリットはプライバシーを確保しやすく防犯面で有利。デメリットは窓ガラスの面積が広く家の断熱性能が低下。効果的な夏の暑さ対策、冬の寒さ対策とは?
窓ガラスフィルム-ブログ

窓ガラスの断熱シート選びは熱貫流率が低いガラスフィルムがお勧め

プロ用の遮熱断熱フィルムに注目!冬、室内の寒さ対策として、窓に貼る断熱シートからプロ用の遮熱断熱フィルムまで様々。熱貫流率が低い遮熱断熱フィルムほど断熱効果が高く暖かい快適な部屋に。光熱費の節約にも繋がる遮熱断熱フィルムとは?
タイトルとURLをコピーしました