熱貫流率

窓ガラスフィルム-ブログ

UA値を下げるために家の窓を小さくすると冬、室内が寒くなる!?

UA値は家の断熱性能の参考にはなります。しかし、UA値だけに拘ってしまうと、そこには大きな落とし穴があります。UA値が小さくても、冬の室内が寒い家になってしまうのです。やってはいけないUA値を下げる設計とは?そして、大切なパッシブ設計とは?
窓ガラスフィルム-ブログ

単板ガラス,ペアガラス,Low-Eガラス+遮熱断熱フィルムでU値が下がる

一戸建て住宅やマンション,店舗,ビルの窓サッシに組み込まれている単板ガラス,ペアガラス,トリプルガラス,Low-Eガラスに遮熱断熱フィルムを施工後、窓の断熱性能がどの程度上がるのか例を挙げて熱貫流率(U値)を計算。窓の断熱性能が約24%から最大30%UP。
窓ガラスフィルム-ブログ

ロの字型,コの字型の中庭のある家のメリット&デメリットと寒さ対策

中庭のある家にはロの字型やコの字型の家があります。最大のメリットはプライバシーを確保できるところ。ただ、中庭のある家/コートハウスは断熱性能が低くなるため、冬の寒さ対策として窓ガラスに貼る遮熱断熱フィルムを活用したい。詳細はこちら。
窓ガラスフィルム-ブログ

窓ガラスの断熱シート選びは熱貫流率が低いガラスフィルムがお勧め

冬、窓ガラス周囲の寒さ対策として、窓に貼る断熱シートからプロ用の断熱フィルムまで様々。その中でプロが施工する断熱フィルムに要注目!熱貫流率が低い断熱フィルムほど断熱効果が高く暖かい部屋に。電気代や灯油代の節約になる断熱フィルムはこちら。
タイトルとURLをコピーしました