扇風機&サーキュレーターのAC/DCモーターの違い,静かでおすすめは?

扇風機とサーキュレーターどっち? 窓ガラスフィルム-ブログ

夏の風物詩と言えば扇風機。夏季、どこの家庭でも扇風機は必需品。

そして、洗濯物の部屋干しやエアコンと併用してサーキュレーターも使われています。

扇風機とサーキュレーターの違い、そして、使われているモーターにはACモーターとDCモーターがあります。モーターの違いによって、電気代も違ってきます。

いったい、どれを選んだらいいのでしょうか?では、それぞれの特徴を解説していきます。

扇風機

扇風機

昔から愛用されている扇風機は羽根の直径が大きく、サーキュレーターより風切り音が小さい特徴があります。

メリット

扇風機の羽根の直径は30cm前後のタイプが多く、風切り音が小さい特徴があります。また、標準装備の首振り機構で広範囲に風を送ることができます。

デメリット

扇風機の羽根のサイズが大きいため、本体を安定させるためには台座が大きくなりがち。狭い部屋では扇風機本体のサイズが気になります。

ACモーター

従来型の扇風機にはACモーターが内蔵されています。(ACは交流を意味します。)

家庭用AC100V(50/60Hz)電源で交流のACモーターを回す構造。

風量の調整は「微弱、弱、中、強」の4段階、または「 弱、中、強 」の3段階の扇風機を多く見かけます。

デメリット

・ACモーター内蔵の扇風機はDCモーターより消費電力が大きい。

・DCモーター内蔵の扇風機のような微弱運転ができない。

DCモーター

DCモーター内蔵の扇風機はきめ細かな風量調節ができる特徴があります。(DCは直流を意味します。)

DCモーターは消費電力が小さく、電気代を節約できるメリットもあります。

ただ、そもそも扇風機は消費電力が小さい家電製品。DCモーター内蔵モデルで節電できても、本体価格が高いと差額分の元を取るのは難しい、または不可能でしょう。

DCモーター内蔵モデルは微弱運転ができるため、寝室での使用に向いています。

デメリット

・本体価格が高い。

・風量を増やすとモーターノイズが大きくなるモデルあり。

サーキュレーター

サーキュレーター

サーキュレーターは扇風機より羽の直径が小さく、風を直線的に飛ばす特徴があります。

メリット

サーキュレーターのメリットは本体がコンパクトで置く場所を選ばないところ。脱衣室などの狭い場所でも、サーキュレーターなら設置場所に困ることはありません。

デメリット

扇風機と同等の風量を確保するためには、サーキュレーターの羽根を高回転で回す必要があります。

よって、サーキュレーターの羽根から風切り音が出やすく、モーター音も気になります。

ACモーター

扇風機と同様、ベーシックモデルにはACモーターが内蔵されています。風量は「弱、中、強」の3段階に変更できるモデルが多いです。

デメリット

・ACモーター内蔵のサーキュレーターはDCモーターより消費電力が大きい。

・DCモーター内蔵のサーキュレーターのような微弱運転ができない。

DCモーター

DCモーター内蔵のサーキュレーターはきめ細かな風量調節ができる特徴があります。また、DCモーターは消費電力が小さく、電気代を節約できるメリットもあります。

ただ、そもそもサーキュレーターは消費電力が小さい家電製品。DCモーター内蔵モデルで節電できても、本体価格が高いと差額分の元を取るのは難しい、あるいは不可能でしょう。

DCモーター内蔵モデルの価格がACモーターモデルの倍以上であれば、節電分で差額分の元を取るのは不可能と言っていいでしょう。

デメリット

・本体価格が高い。

・風量を増やすとモーターノイズが大きくなるモデルあり。

扇風機&サーキュレーターのまとめ

狭い部屋で送風ファンを使う場合、場所を取らないサーキュレーターが便利。

しかし、サーキュレーターは羽根が小さいため、モーターを高回転で回して風量を確保する構造。よって、サーキュレーターは羽根の風切り音とモーター音がうるさい致命的な問題があります。

その点、扇風機でも問題無く洗濯物を乾かすことができますし、エアコンと併用して室内の空気を循環させることもできます。

扇風機(おすすめ)

扇風機は作動音が静かでリビングからキッチン、子供部屋まで用途が幅広いのが特徴です。1cmでも羽根が大きい扇風機の方が低回転で十分な風量を確保できます。

モーターの種類はACモーターで必要十分。価格も安いです。なお、寝室で扇風機を使うならば、DCモーターの方が微弱運転が可能で適しています。

サーキュレーター(用途は限定的)

脱衣室などの狭い部屋向き。また、風を直線的に遠くへ送る必要があり、運転音が問題にならない用途に向いています。

モーターの種類はACモーターで必要十分。価格も安いです。

夏は涼しく、冬は暖かい部屋作りとは?

誰もが夏は涼しく、冬は暖かい部屋がいいに決まっています。

しかし、夏は室内が暑く、冬は室内が寒くなりがちな原因として、窓ガラスが大きく関係しています。

【夏】

夏季、暑い外気熱が室内に流入

夏季、太陽の日射熱が窓ガラスを通して室内に流入し、室内温度を上昇させます。窓ガラスから室内に熱が流入する割合は全体の「約70%」に達します。

夏季、エアコンの効きが良くない複数の原因の一つとして、窓ガラスが大きく関係しています。

【冬】

夏季、暖かい室内の熱が窓ガラスを通して室外へ流出

冬季、室内の熱が窓ガラスを通して室外へ流出し、室内温度を低下させます。 室内の熱が窓ガラスを通して屋外へ流出する割合は全体の「約60%」

冬季、エアコン暖房や石油ファンヒーター等、暖房器具の効きが良くない複数の原因の一つとして、窓ガラスが大きく関係しています。

夏の暑さ、冬の寒さを和らげる方法

窓ガラスフィルムの種類

夏の暑さ、そして、冬の寒さ対策として、窓ガラスに「遮熱断熱ガラスフィルム」を施工する方法があります。

「遮熱断熱フィルム」が太陽光の日射熱を抑制し、熱貫流率が低い「遮熱断熱フィルム」が室外への室内熱の流出を抑制できます。

これにより、夏のエアコン効率が向上し、冬の暖房器具の暖房効率が向上します。これは、節電や燃料費の削減に繋がります。

夏の暑さを和らげる方法

じりじりと照り付ける夏の太陽光は眩しく暑く、室温を上昇させます。

一戸建てやマンション、タワーマンション、高層マンションの立地条件や階数によっては、太陽光の日射熱対策が必要とされます。

暑さ対策として、窓ガラスに「遮熱フィルム」を施工する方法があります。

「遮熱フィルム」が太陽光の日射熱をカットし、室温の上昇を抑制します。これにより、エアコン効率が向上するため、電気代の節約にも繋がります。

Contact us

窓ガラスのガラスフィルム施工を手がける「High Grove」は、静岡県浜松市を拠点に静岡県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県といった中部地方のガラスフィルム施工業者です。

お客様のお悩みを解決するプロ用の確かな高品質ガラスフィルムを適正価格でご提案しています。まずは、お気軽にご相談ください。

今すぐ、こちらから。

窓ガラスのフィルム施工-お問い合わせ、お見積り

コメント

タイトルとURLをコピーしました